« 国連和平検証団最終報告書 グァテマラ | トップページ | 農民の強制排除での警察の違法行為を追求(グァテマラ) »

2004/10/06

先住民族との協議にかんし(グアテマラ)

修正

 11月にグァテマラを訪問した際に、この件に関しても確認をしてみましたが、確実な話ではないようです。
 現在までのところ、協議の実施のメカニズムは存在していません。

 10月6日の投稿文
////////////////////////////////////////////////////////////
グァテマラ北西部、メキシコ国境に近いサンマルコス県、シパカパとサン・ミゲル・イシュタワカンにまたがる地域で、金鉱山開発が進められている。しかしこれに対して、地域住民を中心として、教会、環境保護団体などによる反対運動が広がっている。金の処理に利用される青酸による環境汚染、水質汚染、そして地域住民の生活への影響などが指摘されている。またこうした採掘権の許認可に際して、既に批准しているILO169号条約に基づいた協議が実施されていない問題も指摘されていた。
 
 そこでグァテマラ政府は、高まる世論を前に、ILO169号条約に基づいて、地域の先住民族との協議を実施することとなった。大統領府人権委員会(COPREDEH)がこの協議の実施を担い、まず、金採掘で揺れるサンマルコス県で実施する予定とのことである。 (プレンサ・リブレ紙 2004.10.05

 これは重要な一歩ではありますが、どのように運用されていくのか、結果がどのように影響力をもちうるのか、などを今後も見ていく必要があると思われる。

 青西

|

« 国連和平検証団最終報告書 グァテマラ | トップページ | 農民の強制排除での警察の違法行為を追求(グァテマラ) »

グアテマラ」カテゴリの記事

先住民族」カテゴリの記事

鉱山開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/1606145

この記事へのトラックバック一覧です: 先住民族との協議にかんし(グアテマラ):

« 国連和平検証団最終報告書 グァテマラ | トップページ | 農民の強制排除での警察の違法行為を追求(グァテマラ) »