« 鉱山問題に関する全国大会 | トップページ | グァテマラにおける鉱山問題1) »

2004/11/29

報告会・グァテマラ鉱山開発

  現地報告会 未来を決める権利は誰のもの

-マヤ先住民族と開発・環境の関係について考える-

この10月~11月にかけてグァテマラを訪問し、イサバル県における農村開発プロジェクトのフォローおよびグァテマラ現地調査を行ってきた青西が現状を報告します。


 第一部 イサバル県におけるケクチ民族農村開発プロジェクト
ー地域住民の生きる権利と開発の両立を目指してー 
日本ラテンアメリカ協力ネットワーク によるイサバル県でのプロジェクトの報告を中心に、農民の生きる権利と環境との関わり、自然保護区との問題などについて考えます。
第二部 グァテマラにおける鉱山開発と先住民族の権利
ーグァテマラにおける鉱山開発の問題と、先住民族運動ー
近年、グァテマラでは金鉱山開発をはじめとする鉱山開発が推進されようとしています。しかし環境保護団体、先住民族組織などから、鉱山開発に反対する声も上がっています。この現状を報告し、鉱山開発と先住民族の権利について考えます。
 報告者 青西靖夫(レコム会員、開発と権利のための行動センター代表)

関東 
日時:2004年12月18日(土)  18:30~21:00 
場所:和泉橋区民館 洋室A
(JR秋葉原駅昭和通り口 徒歩3分 書泉ブックタワー隣り)
参加費:800円   資料代(現地活動費寄付金)500円を含む

関西 日時:2004年12月26日(日)  14:00~16:00
場所:ウェーブ 411学習室   (西宮市男女共同参画センター)
    (阪急西宮北口駅南口   プレラにしのみや4階)
参加費:500円

地図などはこちら
http://homepage3.nifty.com/CADE/news.htm

主催 日本ラテンアメリカ協力ネットワーク &開発と権利のための行動センター

|

« 鉱山問題に関する全国大会 | トップページ | グァテマラにおける鉱山問題1) »

グアテマラ」カテゴリの記事

先住民族」カテゴリの記事

行動センターからのご案内」カテゴリの記事

鉱山開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/2099478

この記事へのトラックバック一覧です: 報告会・グァテマラ鉱山開発:

« 鉱山問題に関する全国大会 | トップページ | グァテマラにおける鉱山問題1) »