« ロスエンクエントロスでの衝突 | トップページ | ラマシーニ司教暗殺計画と強引な鉱山開発に憂慮する日本の市民社会の声明 »

2005/01/25

グアテマラ・鉱山開発反対運動への弾圧に抗議

緊急行動を展開中 鉱山開発に反対する住民の運動がグァテマラの軍や警察によって弾圧されました。

  2005年1月11日、サン・マルコス県のマルリン鉱山で利用される予定であった巨大な鋼管の運搬を阻止していたソロラ県ロス・エンクエントロスの農民に対して、警察と軍が介入し、農民側に死者と負傷者が出るという事件が起きました。直径7メートル重さ50トンという巨大な鋼管を搬送するためには、ロス・エンクエントロスの歩道橋を撤去する必要がありましたが、住民はその歩道橋の撤去を認めなかったのです。
 地域住民はこの鋼管が、自分たちの地域での鉱山開発に利用されるのではないかという不安を抱いていました。グァテマラでは近年政府によって鉱山開発が積極的に振興されていますが、地域住民は自分たちの土地でどのような鉱山開発が進められようとしているのかについて正確な情報を持ってはいませんし、鉱山開発ライセンスの承認に先立って、相談を受けているわけでもありません。

 しかしグァテマラが批准している国際労働機関の169号条約の15条第二項は「国が鉱物または地下の資源の所有権、もしくは土地に属するその他の資源についての権利を保有する場合には、政府は、これらの民族の土地に属する当該資源の探査もしくは開発のための計画に着手しまたは認可する前に、これらの者の利益が損なわれるかどうか、またどの程度に損なわれるかを確認することを目的として、これらの民族と協議するための手続きを確立し、維持しなければならない。」と定めています。
 
 サン・マルコス県で開発が進められているマルリン鉱山でも、こうした協議の手続が行われなかったことから反対運動が起こっています。ソロラにおいても既にいくつかの鉱山(開発若しくは探査)ライセンスが認可されていますが、地域住民に対する適切な情報提供も協議も行われてはいません。

 そこでソロラの住民は、自分たちの土地での鉱山開発に反発するとともに、サンマルコスでの鉱山開発に反対する住民に連帯の意志も示していたのです。
 先住民族は、地域住民は、自分たちで開発のあり方を決めることを求めています。情報すら提供しないままに、政府が鉱山開発のためのライセンスを認可することに抗議しています。
 そうした声が聞き届けられないなかで、地域住民は自らの手で自分たちの地域を守らざるを得ないのです。

 今回はこうした住民の声に対して、グァテマラ政府が外国資本の権益を守ることだけを考え、暴力的な対応に出たのです。こうした事態に、抗議行動を展開していきます。

 抗議ハガキ文面例及び関係機関宛名一覧  


 開発と権利のための行動センター
 青西靖夫

 

 サンマルコスの鉱山開発に関するレポート
 現地声明文など(スペイン語)

|

« ロスエンクエントロスでの衝突 | トップページ | ラマシーニ司教暗殺計画と強引な鉱山開発に憂慮する日本の市民社会の声明 »

グアテマラ」カテゴリの記事

先住民族」カテゴリの記事

鉱山開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/2689547

この記事へのトラックバック一覧です: グアテマラ・鉱山開発反対運動への弾圧に抗議:

« ロスエンクエントロスでの衝突 | トップページ | ラマシーニ司教暗殺計画と強引な鉱山開発に憂慮する日本の市民社会の声明 »