« 2005年3月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/19

住民投票の結果

サンマルコス県シパカパで行われた住民投票

鉱山開発の是非を問う住民投票が6月18日サンマルコス県シパカパで実施された。今回のような住民投票はグァテマラでは初めての試みである。
プレンサ・リブレ紙の記事によると
投票はシパカパの自治体を形成する13の村のそれぞれで行われたようであり、約2600人が投票に参加。そのうち11の村で鉱山開発への反対、1つで賛成、もう一つの村は投票の実施を見合わせたようである。鉱山ともっとも隣接し、現在鉱山に雇用されている者がいる村で賛成もしくは実施見合わせとなったようである。
(総人口が14039人、選挙登録者が5720人とのことである)

今回の住民投票は
グァテマラの地方自治の中でも画期的な出来事であり、また各村落ごとに投票が行われるというのもこれまでの選挙よりもより住民に参加の機会が開かれたものであった。
鉱山会社によってこの住民投票の正当性に疑念が投げかけられ、係争中であるが、地方自治体もこの結果を踏まえて、どのように行政を執行していくかが試されているといえるだろう。

開発と権利のための行動センター
青西靖夫

記事へのリンクなどは開発と権利のための行動センターのwebサイトからスペイン語のデータベースページにお入りください。
http://homepage3.nifty.com/CADE/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉱山開発を巡る住民投票

6月18日

カナダ系のグラミス社による鉱山開発で揺れるグァテマラ北西部のサン・マルコス県シパカパで、今日18日、鉱山開発の是非を巡る住民投票が行われる。この住民投票は、グァテマラの地方自治体法に従って行われるものであるが、その手法等はコミュニティの伝統的な意志決定尊重して定められている。このように地域の開発のあり方を巡って住民投票が行われるのはグァテマラでは画期的なケースである。

現在進められているグァテマラでの鉱山開発において、採掘権の認可に先立って地域住民と十分にコンセンサスが形成されていないことから各地で問題が生じている。特に先住民族コミュニティは、ILO169号条約に定められた協議の実施を行っていないこと、また1996年の和平協定に含まれる先住民族のアイデンティティーと権利協定の精神を踏みにじるものであると強く反発している。こうした中で、地域の開発に民意を反映させるべく今回の住民投票が計画された。

しかしながら企業側は、今回の住民投票が一部の活動家によって仕組まれたものだ、情報操作がなされている、NGOが資金提供をしている、不正なものだというように、みずからのホームページ上で攻撃している。
http://www.glamis.com/pressreleases/index.html

 また直前になり企業側の訴えに対し第一級民事裁判所が、今回のケースは国家の財産にかんするものであり、住民投票にはそぐわないとして停止を求める事態となった。憲法裁判所は昨日になってこの停止を無効としたが、まだ不透明な状況が続いている。

 こうした中で、今、シパカパで住民投票が行われているのである。

 開発と権利のための行動センター
 青西靖夫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/09

CIDOB 声明文

Podemos encontrar una salida

Dirección Nacional de CIDOB

Ante la renuncia de Carlos D. Mesa a la Presidencia de la
República sumamos un nuevo problema que debemos solucionar
los bolivianos, este desafío quizás el mas grande e inesperado de
estos días requiere enfrentarlo de la manera más amplia, seria y
responsable, a los efectos de no liquidar el proceso
DEMOCRATICO que tanto le ha costado al pueblo boliviano.

Para ello desde la Confederación de Pueblos Indígenas de Bolivia
–CIDOB- les decimos a nuestros hermanos del oriente y
occidente, tierras altas y tierras bajas que debemos concurrir a
encontrar la más prudente y concertada salida a la renuncia
presentada por Carlos D. Mesa a la Presidencia de la República y
las tareas pendientes de la agenda política nacional, para ello
creemos que deben darse, en el marco de un acuerdo entre la
sociedad política (Partidos políticos con representación
parlamentaria) y la sociedad civil organizada (organizaciones
sociales movilizadas), facilitadas por la Iglesia Católica, los
siguientes acuerdos de alcance político-social.

PRIMERO: El Congreso Nacional debe reunirse, en la presente
semana, para considerar la Renuncia a la Presidencia de la
República del Presidente Carlos D. Mesa.

SEGUNDO: La Renuncia deberá ser aceptada por el Congreso
Nacional.

TERCERO: En el marco de precautelar la continuidad de nuestro
proceso democrático y de asegurar una salida pacífica a la
sucesión presidencial, coincidiendo con las posiciones ya
expresadas por varios sectores, debe suceder a Carlos D. Mesa el
Presidente de la Corte Suprema de Justicia, lo que implica acordar
el acortamiento del mandato del periodo presidencial y llevar
adelante ELECCIONES GENERALES (Presidente, Vicepresidente,
Diputados y Senadores) en el mes de diciembre del presente año
bajo la Presidencia del Presidente de la Corte Suprema de
Justicia, esto permitirá tener estabilidad política y devolver
legitimidad a nuestros poderes constituidos, Ejecutivo y Legislativo
que hoy no lo tienen.

CUARTO: Convocatoria, por el actual Congreso Nacional, a la
Asamblea Constituyente y Referéndum Autonómico,
simultáneamente, y para el mes de marzo del año 2006, en el
caso de la Asamblea Constituyente incorporar a la alternativa del
Proyecto de Ley de Convocatoria a la Asamblea constituyente,
que deberá ser aprobada en el Congreso Nacional, la propuesta de
la CIDOB, de contar en la Asamblea Constituyente, con 34
representantes indígenas,(uno por cada pueblo indígena del
Oriente, Chaco y Amazonia boliviana que orgánicamente
pertenecen a la CIDOB),en base al criterio de IDENTIDAD ETNICA,
representantes que deberán ser elegidos de acuerdo a sus
normas, usos y costumbres internas.

QUINTO: Aprobación, por el actual Congreso Nacional, de una Ley
de creación del Consejo Nacional Preconstituyente, que deberá
estar formado con participación de los sectores sociales,
productores y partidos políticos, con la Iglesia Católica como
facilitadora de todo el proceso, este Consejo tendrá por única
misión preparar documentos base de discusión de la nueva
Constitución Política del Estado que deberá emerger como
resultado de la Asamblea Constituyente y apoyar en todo el
periodo de funcionamiento a la Asamblea Constituyente.

Podemos hacer esto !!!!!!!!

DIRECCIÓN NACIONAL DE CIDOB

Santa Cruz, junio 7 de 2005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボリビア続報

 ボリビアの状況について

 現地、9日木曜日、場所をスクレに移して議会が開催される。そこでメサ大統領の辞任が承認されるものと思われるが、メサ大統領は国内の混乱を深めるだけであると、国会議長であるバカ・ディエスの大統領就任に強い反発を示し、最高裁裁判長が一時的に大統領に就任し、前倒しで総選挙を実施することを求めている。
 デモを組織している諸組織、先住民族組織、また左派政党のエボ・モラーレスもサンタクルスの経済エリートのバカ・ディエスの継承には反発しており、国会そしてバカ・ディエスの動向次第では国内の混乱は更に深化することが予想される。特にバカ・ディエスが就任した場合に、軍隊を動員しての弾圧が行われる可能性も否定できず、注視が求められる。


 
 


 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/07

カルロス・メサ大統領辞任表明

 皆様へ
ここのところ、メヒコへの転居などでばたばたして、インターネットへのアクセスも限られていたので情報収集などが遅れていました。

 ちょうど、インターネットへのアクセスも自由になったところで、カルロス・メサ大統領辞任のニュースが飛び込んできました。国内法の関係で、議会が承認する必要があるわけですが、前回の辞任表明が議会に挑戦状を突きつけるものであったのと代わり、辞任が議会で承認されることは間違いないように思われます。

 しかしボリビアのこの辞任で終結するとは思えません。

 あお

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年7月 »