« 鉱山開発を巡る住民投票 | トップページ | サパティスタの動向 »

2005/06/19

住民投票の結果

サンマルコス県シパカパで行われた住民投票

鉱山開発の是非を問う住民投票が6月18日サンマルコス県シパカパで実施された。今回のような住民投票はグァテマラでは初めての試みである。
プレンサ・リブレ紙の記事によると
投票はシパカパの自治体を形成する13の村のそれぞれで行われたようであり、約2600人が投票に参加。そのうち11の村で鉱山開発への反対、1つで賛成、もう一つの村は投票の実施を見合わせたようである。鉱山ともっとも隣接し、現在鉱山に雇用されている者がいる村で賛成もしくは実施見合わせとなったようである。
(総人口が14039人、選挙登録者が5720人とのことである)

今回の住民投票は
グァテマラの地方自治の中でも画期的な出来事であり、また各村落ごとに投票が行われるというのもこれまでの選挙よりもより住民に参加の機会が開かれたものであった。
鉱山会社によってこの住民投票の正当性に疑念が投げかけられ、係争中であるが、地方自治体もこの結果を踏まえて、どのように行政を執行していくかが試されているといえるだろう。

開発と権利のための行動センター
青西靖夫

記事へのリンクなどは開発と権利のための行動センターのwebサイトからスペイン語のデータベースページにお入りください。
http://homepage3.nifty.com/CADE/

|

« 鉱山開発を巡る住民投票 | トップページ | サパティスタの動向 »

グアテマラ」カテゴリの記事

先住民族」カテゴリの記事

鉱山開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/4626289

この記事へのトラックバック一覧です: 住民投票の結果:

« 鉱山開発を巡る住民投票 | トップページ | サパティスタの動向 »