« 孤立した村々届かない援助 | トップページ | 10月14日 現地被災情報 »

2005/10/13

サンティアゴ・アティトラン緊急援助配給

サンティアゴ・アティトランの状況 (10月12日 現地石川智子さんよりの情報)

今日、CONICメンバーと話したのですが、昨日サンティアゴで市長他、緊急支援の中心グループと簡単なミーティングで以下を確認したとのことです。
サンティアゴ・アティトランへの今一番の必要品は、トウモロコシとフリホーレスなど食料品である。
サンティアゴや、サンティアゴへの支援物資を運ぶ基点となっているサン・ホルヘ・ラ・ラグーナ及びソロラでは、穀物や基本物資が足りなくなってくる可能性がある。
首都他大きな市場である程度大量に購入する必要があり、これをCONICが調整して行う。
被災から1ヶ月くらいが本当に緊急のフェーズ、次に数ヶ月の危機のフェーズ、その後復興のフェーズ、と移っていくが、今の緊急フェーズに対応しながら、おそらく精神面も含めてさらに難しい次のフェーズへの計画をしていく必
要がある。
何にしても、災害を生き延びた被災者に対して、今、最低限の食料を確保しなければならない。

ということで、CONICで調整するサンティアゴ支援用資金としてこの支援を渡し、食料品購入や運搬にあててもらいます。

土砂に埋まった地区は、流行病を防止するため、遺体の発掘を保健省から禁止されました。
数日前には、「遺体をビニール袋に入れて埋葬するなど、私たちにはできない、木のお棺に納めて墓地に埋葬するんだ」という地域住民の声をラジオで聞きましたが、遺体を取り戻すことさえできなくなってしまいました。

 現地協力団体のCONICから届きました、サンティアゴ・アティトランへの援助物資供給の写真などを掲載します。

dsc01442_
descarga_de_viveres_


traslado_de_viveres_al_j_







◎募金先
 郵便振替口座:00230-5-131472 
 名義:開発と権利のための行動センター
◎問合せ
 開発と権利のための行動センター
 E-mail: cade-la@nifty.com
 http://homepage3.nifty.com/CADE/ 

|

« 孤立した村々届かない援助 | トップページ | 10月14日 現地被災情報 »

グアテマラ」カテゴリの記事

緊急支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/6381637

この記事へのトラックバック一覧です: サンティアゴ・アティトラン緊急援助配給:

« 孤立した村々届かない援助 | トップページ | 10月14日 現地被災情報 »