« 10月14日 現地被災情報 | トップページ | サンティアゴ・アティトランの状況 »

2005/10/16

10月15日

10月15日

 グアテマラは発達した低気圧の影響で再び雨が降っています。来週もしばらく雨が続くようで心配です。再度の土砂崩れや道路の崩壊などが心配です。交通網の回復が遅れ、援助物資の供給に支障をきたしています。

15日付けプレンサリブレ紙から 抜粋 
1)グアテマラ西部と首都を結ぶ幹線道路で陥没が発生し、道路が通れなくなっている。迂回路はあるが、土砂崩れの危険があることや、更に燃料代がかかることもあり、バスや運送会社は運行を見送っている。
2)政府も支援物資の運搬に支障があり、再び道路崩壊を招く危険性があるので民間車両の通行を制限するように要請。トラックが被災地であるサンマルコス県タカナまで到着するのに30時間かかる状態。
3)サンマルコス県とケツアルテナンゴ県を結ぶ道路も未だ、通行が困難な状況にある。またサンマルコス県内の交通も各地で途絶したままである。
4)サンマルコス県の低地、オコス地域にはヘリコプターで緊急物資を運搬している状況。
5)ウエウエテナンゴ県のクイルコでは簡易水道設備が破損したままであり、また援助物資も届いていない。
6)グアテマラ西部地域の低地そして高地の各地でガソリンの不足が顕著になりつつある。


以上

|

« 10月14日 現地被災情報 | トップページ | サンティアゴ・アティトランの状況 »

グアテマラ」カテゴリの記事

緊急支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/6418006

この記事へのトラックバック一覧です: 10月15日:

« 10月14日 現地被災情報 | トップページ | サンティアゴ・アティトランの状況 »