« 中米の緑肥導入 | トップページ | グアテマラ報告会のご案内 »

2005/12/19

揺れる自然保護区

揺れる自然保護区

 グアテマラのペテン県にあるラグーナ・デル・ティグレ保護区で、地域住民が「侵入者」扱い、「犯罪者」扱いをするなと抗議の声を上げている。
 
 この地域はラムサール条約にも指定されている湿地帯であるが、火入れや耕作地、放牧地の拡大で生態系の変化が進みつつある。さらにはこの地域はメキシコとの麻薬交易ルートとなっているようであり、武装グループがいて危険な地域もあるとのことである。
(プレンサ・リブレ紙2003/05/04)

 こうした状況に対して、環境保護団体などから政府は保護区を守るために真剣に取り組むべきだという圧力がある。こうした中で政府は「侵入者」を排除するために再定住を進めたり麻薬取り締まり対策で軍を配置するといった方策をとることを検討している。(プレンサ・リブレ紙2005/10/20)
 こうした中でこの地域に居住する37のコミュニティの代表は全国的な農民組織を通じては11月30日に次のような声明を発表している。
1)30年以上も前からこの土地に住んでいるのであり、「侵入者」などではない。外国籍でもなく、自国にいるものを「侵入者」などと呼ぶべきではない。
2)37のコミュニティのメンバーは、抑圧、排除、周縁化、人種差別につながる、私たちに対する政策を全面的に拒否するものである。
3)この保護区を救うなどと言うのはまやかしである。何年も前から政府は秘密裏に文化遺産や自然の種を秘密裏に略奪し、権利を譲渡している。また私たちのテリトリーで相談もなく、多国籍の石油企業に広大な開発権譲渡を行っている。この企業は現在でも「保護区」といわれる地域内で私たちの母なる大地と家族を傷つけつつあるではないか。
4)内務省と国防省はこの「(保護区の)救出」といわれるものへの支援を約束し、それを実施しつつある。現在、軍のプレゼンスは高まり、装甲車や戦闘爆撃機も現れる。しかしこれはこの地域に住む民間人に対する暴力的で、痛ましく、かつ憂慮すべき事態である。私たちの尊厳と権利と主権を侵し、また和平協定にも反するものである。
5)11月13日夜9時半にはセクレイ村で軍がロルマン・フランシスコ・ゴンサーレス・クルスの家を急襲し、誘拐しようとした。その中でロルマンと軍人1名が死亡する事件が起きている。

 コミュニティは
政府に対して排除の中止、抑圧と誘拐、殺害をやめるように求めるとともに、次のように要求している。「私たちに対する敬意の欠如と正当な理由もな暴力の行使を強く抗議する。私たちのための開発政策の実現のために私たちは一度たりとも呼ばれたことがない」。

 ////////////////////

 グアテマラ社会の大きな問題の一つは、地域住民の存在が非常に軽く扱われるところにある。保護区であろうと、現実的に人々は生活している。その人と対話することもなく、首都で政策が決められ、地域住民のところに突然ふってくるのである。そのプロセスは非常に暴力的なものである。
 そして、地域の住民たちが組織して、農民組織を通じて抗議の声を上げて、はじめて地域の人々は「存在しはじめる」のである。

 この地域の推移も今後見守っていきたい。

 開発と権利のための行動センター
 青西靖夫

|

« 中米の緑肥導入 | トップページ | グアテマラ報告会のご案内 »

グアテマラ」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

自然保護区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/7689909

この記事へのトラックバック一覧です: 揺れる自然保護区:

« 中米の緑肥導入 | トップページ | グアテマラ報告会のご案内 »