« ハリケーン・スタンからその後 | トップページ | グアテマラ 鉱山開発関係 »

2006/02/26

グアテマラ 尊厳の日・秘密墓地発掘・戦後補償

尊厳の日・秘密墓地発掘・戦後補償

2月25日は、グアテマラの内戦犠牲者の尊厳の日です。内戦の犠牲者を悼む活動があちこちで行われたようです。
25日付のプレンサリブレ紙の記事によると内戦の被害者に対する「国家補償プログラム」は遅々として進まず、その間にも多くの高齢の被害者たちが補償を受け取ることもないままに、死期を迎えているといいます。「内戦の弾圧の当事者であった自警団が補償を受け取る一方で、(被害者である)なぜ寡婦や老人たちが忘れ去れてているのだ」という声も伝えられています。
そうした中でもこの25日には クブルコ、ラビナル、サンミゲル・チカ、サラマなどで200人の老人に補償金が渡されることになっているとのことです。
http://www.prensalibre.com/pl/2006/febrero/25/135420.html

 なお2005年12月13日のペリオディコ紙には国家補償プログラムを執行する、国家補償委員会の問題が取り上げられている。300万ケッアルの予算を持ちながら3年間で8万ケッアルしか執行できていないということである。委員会の構成員を広げたために、利害関係の調整がつかなくなったようである。この委員会は政府直轄のような形に改革されるとのことである。

2月16日 Cerigua  内戦の犠牲者28人が埋葬される。
 2月16日、キチェ県ホヤバフで1982年に虐殺された後、2004年の秘密墓地発掘作業で回復された21人の遺体が埋葬された。またチマルテナンゴ県のシェコショル村でも1981年に軍医よって殺害された7人の遺体が埋葬された。この遺体も2005年の秘密墓地発掘作業で回復されたものである。
 こうした作業を続けてきたコナビグア(連れあいを奪われた女性たちの会)のフエリシアーナ・マカリアさんは、「愛する者を尊厳のある形で、聖なる土地に埋葬することができ、彼らの精神が残された者たちに活力と平和をもたらすであろう」と語っている。
 またコナビグアでは、司法当局に対して、被害者発掘のための法的手続きを早めること、免責を撤廃すること、そして社会正義と民主主義を求めている。いまだ被害者の家族もこうした発掘のプロセスで脅迫に直面しており、寡婦や孤児への安全を保証することも求めている。
http://www.cerigua.org/portal/modules.php?op=modload&name=News&file=article&sid=3255&mode=thread&order=0&thold=02月

21日プレンサ・リブレ紙
 キチェ県ホヤバフで、内戦時に虐殺された21人の遺体が埋葬された。コナビグアのフェリシアーナ・マカリアさんによるとこのうちの18人はバケロン村の公共サロンに埋められていたという。
 トマサ・シモン・サバーラさんは次のように語っている「1981年、ここの住民がお祭りに参加しているとき、自警団がやってきて、18人を誘拐したのです。他の住民は森の中へ逃げ込みました。私の夫ともう二人の男は自警団に追いつかれ、銃殺されました。その後18人は手足を縛られたまま、拷問され、その後ナイフや銃で殺害されたのです。そして軍の命令で村の者が犠牲者を埋めたのです」。「なぜ私の夫が殺されたのか、理解できません。でもやっと夫は平和に眠ることができるのです。

 http://www.prensalibre.com/pl/2006/febrero/21/135113.html

 整理
 開発と権利のための行動センター
 青西

|

« ハリケーン・スタンからその後 | トップページ | グアテマラ 鉱山開発関係 »

グアテマラ」カテゴリの記事

先住民族」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/8841051

この記事へのトラックバック一覧です: グアテマラ 尊厳の日・秘密墓地発掘・戦後補償:

» 今日は何の日? [共通テーマ]
歴史上すごいことがあった日、誰かの誕生日、ごくごく私的な記念日、何でもいいので書いてみてください。 [続きを読む]

受信: 2006/02/26 17:25

« ハリケーン・スタンからその後 | トップページ | グアテマラ 鉱山開発関係 »