« グアテマラ復興支援の今後の方針 | トップページ | グアテマラ報告会 関西 »

2006/02/04

グアテマラ現地報告会

グアテマラハリケーン復興支援の会」主催で東京にて栗田桂子さんによるグアテマラ現地報告会が開催されました。開発と権利のための行動センターでも後援しました。また今月関西でも報告会を予定しております。

以下 栗田さんよりの報告

皆様

 1月28日のグァテマラ報告会にご協力、ご参加頂いた皆さん、本当にありがとうございました。お礼を兼ねて先日のご報告をさせて頂きます。

 報告会はグアテマラハリケーン復興支援の会の主催で、JICA東京国際センターで行われました。まず、復興支援の会から募金活動の報告とプロジェクトの説明があり、その後、私の報告となりました。
 今回の報告では、グァテマラでたくさん受け取ってきた写真のデータを皆さんにお見せしながら、グァテマラで感じたことを話させて頂きました。グァテマラ西部に広がる生々しい土砂災害の傷跡、山中に無数に見られる亀裂への不安、避難所の様子、支援が届いていない人々の話、観光産業へのダメージ、これからの食糧難への不安、全体を見てコーディネートできる組織の不在など・・・ わずか1時間弱の報告でしたが、グァテマラに何らかの形で関わってきた人たちが多かったため、積極的に質問も出ました。
 そのあと、復興支援の会で作成したサン・マルコス県テフトラ市での小さなハートプロジェクト(被災地に植林するプロジェクト)のDVDを上映し、参加して頂いたひとりひとりに自己紹介と感想を話して頂きました。私の大学時代の友人3人を除き、他全員が何らかの形でグァテマラに関わり、そして現在も国際協力分野で活躍している人も多く、高い関心を持って参加頂いたことがわかりました。私の友人たちも興味を持ってメモなど取りながら聞いてくれました。
 やはり日本国内では情報が圧倒的に少なく、一体現地はどうなっているのか、それを知ることができてよかったとの感想が多く、写真を多用したことも好評でした。私自身も行くまでは情報が少なくてイライラしたこともありましたので、皆さんの気持ちがよくわかり、そしてそのいらだちを少しでも解消し、改めて支援の気持ちを持って頂けたことはうれしいことでした。

 普段、個人的に「みるぱ」で動いていますが、一人でやっていることが多いために、高知ではグァテマラを知らない人がほとんどですし、国際協力に対する意識も低く、自分だけが空回りしているような錯覚に陥ることがあります。でもこうした機会を頂いて、普段から関心を持ち、行動をしている人たちに出会うと、本当にたくさんのパワーをもらって、私自身もやる気を取り戻すことができます。

 今回、本当にたくさんの人たちのものすごい協力によって東京での講演会を行うことができました。ここに改めてお礼を述べさせて頂きます。そしてこれからもグァテマラのために、できることから取り組んでいきましょう。簡単ですが、これを報告に代えさせて頂きます。

 なお、2月25日には下記日程にて神戸での報告会も決定しております。お近くに友人・知人のいらっしゃる方はぜひお伝え頂きますよう、お願い致します。


<ハリケーン襲来から3ヶ月を経て ~グアテマラからの報告~>
日  時  2006年2月25日(土) 17:00~19:00
講  師  栗田桂子
主  催  開発と権利のための行動センター
      http://homepage3.nifty.com/CADE/
場  所  タイ国料理店「イサラ」
       〒663-8033 兵庫県西宮市上大市1丁目8-16
       TEL : 0798-51-8885
       *阪急今津線甲東園駅から徒歩5分

|

« グアテマラ復興支援の今後の方針 | トップページ | グアテマラ報告会 関西 »

グアテマラ」カテゴリの記事

緊急支援」カテゴリの記事

行動センターからのご案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/8504041

この記事へのトラックバック一覧です: グアテマラ現地報告会:

« グアテマラ復興支援の今後の方針 | トップページ | グアテマラ報告会 関西 »