« いつまで続く仮設住宅での生活(サンティアゴ・アティトラン) | トップページ | イベントのご案内 »

2006/05/28

ハリケーン・スタン被災者支援に関しての説明

 ハリケーン・スタン被災者支援に関しての説明

 ハリケーン・スタン支援に関しては、現地に6000ドルを緊急救援のために送金したのち、昨年12月末に当会より現地視察のためのメンバーを派遣し、その後助成金によるプロジェクトの実施を目指し、手続きを行ってきました。
 しかし残念なことにこれまでのところ助成を受けることはできていません。

 そこで、5月に現地側と確認をとり、寄付金の残金分及び当会自己資金1700ドルを被災地であるサンティアゴ・アティトランに配分しました。

 昨年秋の収穫が失われた中で、次の収穫までの端境期を乗り越える十分な穀物が残されていないので、当会の資金でこの端境期を乗り越えるための食料購入を行うことができます。現地側カウンターパート機関であるサンティアゴ・アティトラン農民アソシエーションのメンバー138家族の約一月分のトウモロコシに相当する量を購入することができます。

 現地のニーズからみれば非常に小さな支援となっておりますが、現地への支援活動は継続しておりますので、今後ともご支援頂ければ幸いです。

 グアテマラも既に雨期に入りましたが、今年は雨が多いようで、各地で土砂災害の再来に危機感を高めているようです。


 開発と権利のための行動センター
 代表 青西靖夫

 追記
スタン被災からの復興支援の現状

 このブログでも、建設途中の仮設住宅の建設中止という、復興支援の混乱した状態をお伝えしましたが、グアテマラの週間ニュース紙であるインフォプレス紙に復興支援についての記事が掲載されました。
 それによるとグアテマラ政府は、2006年の国家予算に組み込まれている2885の再建プロジェクトのうち20%を進めることができたに過ぎず、遅延、過度の官僚主義などの問題が指摘されています。
 また議会の決定により、優先とされていない63の地方自治体が 9000万ケッツアルの再建費用を受け取ったという事態もあるようです。
 ソロラ県では336の再建プロジェクトが計画されているにもかかわらず、まだその80%は開始されてもおらず、終了したものは5%程度のようである。

 


 ◆郵便振替口座:00230-5-131472
 ◆口座名   :開発と権利のための行動センター

|

« いつまで続く仮設住宅での生活(サンティアゴ・アティトラン) | トップページ | イベントのご案内 »

グアテマラ」カテゴリの記事

緊急支援」カテゴリの記事

行動センターからのご案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/10284656

この記事へのトラックバック一覧です: ハリケーン・スタン被災者支援に関しての説明:

« いつまで続く仮設住宅での生活(サンティアゴ・アティトラン) | トップページ | イベントのご案内 »