« ハリケーン・スタン被災者支援に関しての説明 | トップページ | ご無沙汰しておりました・・・ »

2006/06/09

イベントのご案内

 下記イベントに「開発と権利のための行動センター」も賛同しています。
 是非ご参加ください。

 開発と権利のための行動センター
 青西靖夫

**********************************************************************

グアテマラ・マヤ先住民族女性の声◆アナ・ペレスさん講演会◆

  「勇気を受け継ぐ」

**********************************************************************

中米グアテマラでの内戦が終わってから10年が経ちます。その内戦中の暴力で最も被害を受けたマヤ先住民族の女性たちで作られている「連れあいを奪われた女性たちの会(コナビグア)」から、創設メンバーのアナ・ペレスさんを招いてスピーキング・ツアーを行います。

≪コナビグア招聘実行委員長 古谷桂信より≫
 世界でも大変特殊なグアテマラの社会状況は、法律によらないアパルトヘイト政策と言えるほど激しく強固であり、先住民族女性は根深い差別にさらされています。先住民族女性が、社会的な活動をするなどありえないと、本人も周囲も思わされてきた中から、彼女たちは声を上げてきました。
 「社会の変革は毎日の生活から、私たち自身を変えてゆくことから始まる」というコナビグアの取り組みは、日本でも、さまざまな困難な状況に置かれた人々に勇気を与え、自らを変えていこうとする契機となり得るでしょう。 
また、グアテマラから遠く離れた日本の市民がコナビグアの活動に関心を抱き、集い、話を聞くことは、アナさんを通じてコナビグアに勇気を届けてもらうことにもなります。
 アナさんたち、コナビグアの女性たちから生まれた勇気が広がり日本に届き、さらに大きく広がってグアテマラに戻っていくことをツアーの目的としたいと考えています。

≪コナビグアの概略≫
 コナビグアはグアテマラ内戦中の1988年、軍による弾圧で連れあいを奪われた先住民族女性たちが中心になって組織した団体です。軍による人権侵害を国内外に訴え、強制徴兵に反対し、虐殺された遺体が遺棄された秘密墓地の発掘などを進めてきました。
内戦は1996年に終結しましたが、社会的不正義、貧富の格差、土地問題などは依然解決のままで、女性や先住民族への差別も深刻です。コナビグアは、秘密墓地の発掘を継続し、農村部での女性の組織化を通じて先住民族女性の社会参加を推進しています。グアテマラ国内11県、400以上のコミュニティーに1万人以上のメンバーが活動しています。

≪講演者プロフィール≫
 アナ・ペレスさん(38)は、内戦中はまだ軍部によるコントロールの強かったウエウエテナンゴ県を中心に組織化の活動に努めました。90年代初めに軍に捕まり拷問を受けましたが、脱出に成功。メキシコやグアテマラ山中に身を潜めた後、現在はチマルテナンゴ県でのコナビグアの組織強化プロモーターを務
めています。
今回の日本訪問では、グアテマラで先住民族女性が置かれている状況、そして その状況を変えてゆくためにコナビグアが行っている活動について訴えます。

≪ツアー・スケジュール≫

■東京  6月16日18:30~
     
■豊川市(愛知県) 6月17日13:00~
    恵の実共同保育園
    
■久留米市(福岡県)6月18日11:30~
    えーるぴあ久留米 
  
■福岡市  6月18日18:30~
      福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ)視聴覚室
      http://www.fukufukuplaza.jp/

■広島市  6月19日18:30~
      広島市女性教育センター(WEプラザ)大会議室
     (広島市中区大手町5-6-9)
■岡山市  6月20日18:30~
    NPO支援センター「ゆうあいセンター」2F研修室  

■和気町(岡山県) 6月21日18:30~
    和気町総合福祉センター 教養室

■高知市  6月22日18:30~
    こうち男女共同参画センター「ソーレ」
      (土電旭町3丁目駅、JR土讃線旭駅)
■四万十町(高知県) 6月23日 13:45~14:35
    窪川小学校 体育館(JR土讃線窪川駅)
■宝塚市  6月24日14:00~
    はんしん自立の家
      (阪急甲東園駅から逆瀬川行きバスで東蔵人下車)
■伊丹市  6月25日14:30~
    いたみホール 大会議室     伊丹市後援
      (阪急「伊丹」駅下車徒歩3分、JR「伊丹」駅下車徒歩8分)
■西宮市  6月27日10:35~
    関西学院大学上ヶ原キャンパス 中央講堂
      (阪急「甲東園」「仁川」下車徒歩12分 バス「関西学院前」
■神戸市  6月27日16:00~
    神戸市外国語大学 第1AV教室
      (神戸市地下鉄「学園都市」駅下車徒歩5分)
■京都市  6月28日19:00~
    ひと・まち交流館 京都 3階第5会議室
      (市バス17、205号系統「河原町正面」下車すぐ)
■京都市  6月29日10:40~
    京都精華大学 環境社会学科公開授業
      (地下鉄烏丸線「国際会館」下車、専用スクールバス)
■札幌市  7月1日18:00~
    かでる2・7(北海道立道民活動センター) 520研修室
      (札幌駅から徒歩5分)http://www.kaderu27.or.jp/ 
    問合先:さっぽろ自由学校「遊」 

■札幌市  7月3日16:30~
      北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟408教室
      (文学部・法学部前の建物、JR札幌駅から徒歩10分)
■東京   7月4日18:30~
    総評会館 501号室
      (地下鉄「新御茶ノ水」駅B3出口すぐ/「小川町」駅」B3出口よ
       り徒歩3分/ 「淡路町」駅B3出口より徒歩5分、JR「御茶ノ水」
       駅聖橋口より徒歩5分)
 
≪グアテマラの内戦≫
 コロンブスの“新大陸発見”以来、南北アメリカの先住民族は500年以上
にわたり、差別や弾圧にさらされ、貧困な生活を強いられてきました。グアテマラでも、人口の過半数を占めるマヤ先住民族が依然として過酷な状況に置かれています。
 1960年から96年まで続いた内戦では、マヤの人々が暮らす農村部は「ゲリラの温床」として政府軍の掃討作戦を受け、マヤに対するジェノサイド(大量虐殺)にエスカレート。80年代前半には400以上の農村共同体が地
図上から“消滅”したと言われます。和平後の国連主導の真相究明委員会の報告書によると、死者・行方不明者は20万人以上(9割が非戦闘員)、難民は15万人以上、国内避難民は150万~200万人。これらの大半が一般市民であるマヤの人々でした。
 和平協定は、真相究明委員会の設置のほか、「包括的人権協定」 「難民・避難民の再定住協定」「先住民族のアイデンティティと権利に関する協定」「社会経済的側面と農業問題に関する協定」「文民権力の強化と民主体制における軍部の役割に関する協定」を含み、内戦の原因・背景となった不公正な土地問題の改革や、マヤの差別解消と権利回復、人権状況の改善など平和・民主化の推進が問われていますが、04年末の履行期限が過ぎてもほとんど実現されていません。
 グアテマラにとって、日本は95年から00年まで米国を上回る最大の援助国で、01年以降も米国に次ぐ2番目の援助国。04年度までの実績は総額747億円に上り、和平協定の履行について一層の働きかけが求められています。

**********************************************************************

コナビグア招聘実行委員会 <2006.05.19現在・順不同>

日本ラテンアメリカ協力ネットワーク(レコム) =事務局=
アジア太平洋資料センター(PARC)、先住民族の10年市民連絡会、中南米と交流する京都の会、広島ニカラグアの風、さっぽろ自由学校「遊」、グアテマラ生産者支援ネットワーク「みるぱ」

賛同団体:カトリック正義と平和協議会、アムネスティ・インターナショナル日本、 メキシコ先住民運動連帯関西グループ、反差別国際運動(IMADR)グァテマラプロジェクト、開発と権利のための行動センター

**********************************************************************
スピーキング・ツアー全体に関するお問い合わせ
◆古谷桂信(レコム・ツアー担当) 
◆新川志保子(ツアー通訳・同行者) e-mail:niikawa@igc.apc.org
**********************************************************************

|

« ハリケーン・スタン被災者支援に関しての説明 | トップページ | ご無沙汰しておりました・・・ »

グアテマラ」カテゴリの記事

先住民族」カテゴリの記事

行動センターからのご案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/10448124

この記事へのトラックバック一覧です: イベントのご案内:

« ハリケーン・スタン被災者支援に関しての説明 | トップページ | ご無沙汰しておりました・・・ »