« グァテマラにおける鉱山開発問題に関して | トップページ | エクアドル関連情報  »

2006/10/23

 緊急!エクアドル鉱山開発問題関連

 緊急! 「ナマケモノ倶楽部」よりエクアドルにおける環境運動リーダーに対する人権侵害行為に対し、次のような対応への協力要請を受け、現在、開発と権利のための行動センターでは対応を協議中です。


 <以下、ナマケモノ倶楽部よりの文面の転載>

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「10月17日早朝、エクアドル環境運動のリーダー、カルロス・ソリージャ氏宅が警官隊を名乗る一団に襲撃され、カルロス氏の家族および使用人が暴力行為を受けました。ナマケモノ倶楽部ではこの事態を、アセンダント社による人権侵害および犯罪的行為と捉え、エクアドル大使館あてに以下の書面を準備しています。」

------------------

エクアドル大使館
特命全権大使
アドルフォ・アルバレス・ビジャゴメス 閣下


私たち日本の環境NGO「ナマケモノ倶楽部」は、エクアドル・インバブラ州・コタカチ郡・サンタ・ロサ地区にて10月16日早朝に起きたカルロス・ソリージャ氏宅への強制家宅捜索と、それに伴う暴力行為(資料添付*)についての知らせに接し、事態を深く憂慮するものです。

*英語・スペイン語リリース:http://www.decoin.org/
*日本語訳:http://www.sloth.gr.jp/ecua/junin_061017.htm

カルロス・ソリージャ氏はわが団体の国際会員であり、インタグ地区における環境運動のリーダーとして、エクアドルをはじめ国際的に広く尊敬を集める人物です。私たちナマケモノ倶楽部はこのソリージャ氏とのパートナーシップの下、これまでエクアドルにおけるエコツーリズム事業、環境保全事業、コミュニティビジネス事業、フェアトレード事業を展開し、日本・エクアドル両国の国際協力や友好関係の一端を担ってきたと自負しています。

今回の由々しき事件に対して、貴国の公的機関が今後どのような対応をされるのか、私たちは注意深く見守っていく所存です。また、事実関係についての調査、情報の公開、及び犯罪的な行為に対する厳正な対処を貴国の関係諸機関に強く求めるものであります。対応如何によっては、貴国の信用を大きく揺るがす国際的な問題にもなりうるということを、ぜひ閣下からも貴国の関係者の皆様にご進言いただければ幸いです。


2006年10月19日
ナマケモノ倶楽部理事会一同
代表:辻信一、中村隆市
http://www.sloth.gr.jp

--------------------

|

« グァテマラにおける鉱山開発問題に関して | トップページ | エクアドル関連情報  »

エクアドル」カテゴリの記事

行動センターからのご案内」カテゴリの記事

鉱山開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/12387076

この記事へのトラックバック一覧です:  緊急!エクアドル鉱山開発問題関連:

»  緊急!エクアドル鉱山開発問題関連 [行動センター]
 緊急!エクアドル鉱山開発問題関連 「ナマケモノ倶楽部」よりエクアドルにおける [続きを読む]

受信: 2006/10/25 15:50

« グァテマラにおける鉱山開発問題に関して | トップページ | エクアドル関連情報  »