« スタン台風から1年 | トップページ | マヤの女に生まれて(中米 グアテマラ) »

2006/10/10

グアテマラ・サンマルコスでの農村開発プロジェクト(中米 グアテマラ)

 グァテマラ国、サンマルコス県における持続的な農村開発プロジェクトへの支援をよろしくお願いします。

 開発と権利のための行動センターでは2004年10月に、鉱山開発問題に揺れるサン・マルコス県の視察を行い、地域で活動する住民組織、社会運動グループとのコンタクトを開始しました。その後、それらの組織を通じて、鉱山開発に関わるセミナーなどの実施支援を行うとともに、鉱山開発に関わる情報収集発信を行ってきました。
 またサン・マルコス県は2005年10月のスタン台風で大きな被害を受けた地域の一つでもあり、被災後の復興支援に関わる視察でサンマルコス県のMTC(農民労働者運動)と今後のプロジェクトの可能性についても協議を行いました。

 こうした中で今回の持続的な農村開発プロジェクトが計画されました。今回プロジェクトを実施するサン・マルコス県高地はグアテマラでももっとも貧しい地域の一つであり、低地のコーヒー農園や隣国のメキシコへの出稼ぎ労働者、そして近年は米国への移民の供給地となっています。貧困に加えて、昨年のスタン台風で見せつけられた自然災害への脆弱性、また米国との自由貿易協定など、農民は数多くの脅威にさらされています。
 現地カウンターパートであるMTCは1997年に活動を開始した組織で、カトリック教会の社会司牧委員会の支援なども受けつつ、コーヒー生産地域の農民組織強化、農業労働者の権利確立などのために活動を行ってきました。現在はサンマルコス県各地の10の農民アソシエーションが参加し、総構成員約2000名の組織となっており、農業労働者の権利擁護、土地入手支援、政治参加支援、先住民族の権利支援、農村開発などに取り組んでいます。

 今回のプロジェクトでは持続的な農村開発のため、MTCおよびMTCのメンバーである高地の4つの農民アソシエーションとともにプロジェクトを実施していきます。
  このプロジェクトでは農民アソシエーションの組織的強化と技術的な支援のために大きく次のような事業を行っていきます。

1)アソシエーションとMTCによる参加型の農村調査による現状分析
2)必要とされる技術的研修の実施とその普及
3)農民組織間の経験交流
4)アソシエーションに対する助言活動
などを行っていきます。またアソシエーションの女性メンバー(女性グループ)の強化にも取り組んでいきたいと考えています。

Pict006411

Pict00951

 行動センターではプロジェクトの本格的開始に先立って、MTCのメンバーとともに、アソシエーションの視察、意見交換またMTCとの協議などを通じて、MTCのプロジェクト実施への支援を行うとともに、適宜モニタリングを行っていきます。

 今回のプロジェクトには助成金なども利用していきますが、約2000ドルの資金が不足しております。プロジェクト実施に是非ご協力いただければ幸いです。

 寄付金口座
◆郵便振替口座:00230-5-131472
◆口座名   :開発と権利のための行動センター

是非ご協力をお願いします。

 開発と権利のための行動センター
 代表 青西靖夫

|

« スタン台風から1年 | トップページ | マヤの女に生まれて(中米 グアテマラ) »

グアテマラ」カテゴリの記事

行動センターからのご案内」カテゴリの記事

農村開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/12225841

この記事へのトラックバック一覧です: グアテマラ・サンマルコスでの農村開発プロジェクト(中米 グアテマラ):

« スタン台風から1年 | トップページ | マヤの女に生まれて(中米 グアテマラ) »