«  グアテマラ国イサバル湖のマナティを脅かす鉱山開発 | トップページ | ボリビア 土地問題 »

2006/11/29

ボリビア 農地改革法改正案が議会を通過

ボリビア 農地改革法改正案が議会を通過

 BBCの報道によると11月28日夜、「農地改革法(INRA法)=土地法」の改正案が上院で承認されたとのことである。この法案は11月15日に下院を通過したものの、野党が多数を占める上院の審議停止によって、法案の成立が危ぶまれていたものである。これに対してエボ・モラーレス大統領は上院が否決したときには、行政府の政令によって押し切る可能性もちらつかせていた。しかし、上院における野党の共同歩調が崩れ、議会での承認がなされたようである。
 この改正案の重要な点は土地の「社会経済的機能」の認定にある。土地所有権確定後、2年ごとの調査で、社会的・経済的な機能を果たしていないとされた土地は、国に回収し、土地分配のための用地となされること。また土地取引を毎回INRAに報告することも定められた。しかし大土地所有者側は審査期間を少なくとも5年間とすることを求め、改正案に反対の立場を示していた。そのほか、土地に関する中央政府の関与を大きくした点も大土地所有者側の危惧を強めていた。(現在のところ、メディアの報道による情報であり、法律の文面を見ていないため、正確さを欠くことをお許しください)
  
また先月末からこの法律の採択を求める先住民族によるデモ行進がボリビア各地から進められ、先週末よりラパスに到着しつつあった。こうした社会運動による圧力も今回の上院への承認圧力になった。

BBCスペイン語版WEBサイト、現地新聞Prensa 紙 WEBサイトなどのニュースを元にまとめ。

 開発と権利のための行動センター
 青西靖夫

*久しぶりのボリビア情報ですが、少しボリビアの動きも追いなおそうと思います。

|

«  グアテマラ国イサバル湖のマナティを脅かす鉱山開発 | トップページ | ボリビア 土地問題 »

ボリビア」カテゴリの記事

先住民族」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

農村開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/12866695

この記事へのトラックバック一覧です: ボリビア 農地改革法改正案が議会を通過:

» ボリビア 農地改革法改正点 [行動センター]
 ボリビア農地改革法 改正点概観  農地改革局法(Ley INRA)は1996年 [続きを読む]

受信: 2006/12/15 12:54

«  グアテマラ国イサバル湖のマナティを脅かす鉱山開発 | トップページ | ボリビア 土地問題 »