« イシュカンにおけるダム開発の問題(中米 グアテマラ) | トップページ | エストール続報(中米 グアテマラ) »

2006/11/15

エストール土地問題続報(中米 グアテマラ)

エストール土地問題続報
 
 9月より土地占拠が続いていたエストールで、11月11日、12日と強制的な排除が行われました。
一カ所は11日に新たに占拠に入ったコミュニティが同日ほぼ一時間後に排除されたもの。12日にはその他のコミュニティに対しても強制排除が行われた模様。しかし計何カ所で行われたのかは現時点では明確になっていません。
 強制排除は執行令状を示すこともなく行われるという違法なものです。
 残念なことに、こうした排除の後、バスや市長の所有する住居の一つも住民に焼かれるという事件も起こったようです。
 
 この地域の土地問題は平和的な手段で解決される必要があります。そもそもどのようなプロセスで現在の土地所有が確定されてきたのか?その間、先住民族の権利は尊重されたのか、内戦の間に不法に分配された土地はないのか?和平合意でこの地域(北部横断帯)において、不法に渡された土地は回復されるべきと定められている条項は履行されたのか?鉱山会社への採掘権の認可は正当なプロセスを経たものなのか?現「所有者」は誰なのか?
 こうした問題に取り組むことなく、この地域の土地問題を解決することはできないでしょう。

 開発と権利のための行動センター
 青西

 

|

« イシュカンにおけるダム開発の問題(中米 グアテマラ) | トップページ | エストール続報(中米 グアテマラ) »

グアテマラ」カテゴリの記事

先住民族」カテゴリの記事

鉱山開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/12695006

この記事へのトラックバック一覧です: エストール土地問題続報(中米 グアテマラ):

» エストール続報 [行動センター]
エストール続報  土地占拠の中止と交渉の再開にむけて  現地からの情報によると農 [続きを読む]

受信: 2006/11/16 09:58

» 自然資源の開発が住民退去と貧困を招く [行動センター]
自然資源の開発が住民退去と貧困を招く  グアテマラの週間紙インフォプレスの12月 [続きを読む]

受信: 2006/12/12 10:57

« イシュカンにおけるダム開発の問題(中米 グアテマラ) | トップページ | エストール続報(中米 グアテマラ) »