« 先住民族大陸会議 イシムチェ宣言 | トップページ | グアテマラを伝えるブログ »

2007/05/12

中南米バイオ燃料関連情報

バイオ燃料関係情報

1)FAOとCEPALが共同で作成した「ラテンアメリカ・カリブ地域における食糧安全保障とバイオエネルギー利用の機会とリスク」という文書がWEBサイトに掲載されています。Oportunidades y Riesgos del uso de la Bioenergía para la Seguridad Alimentaria en América Latina y el Caribe
英語、スペイン語でダウンロードできます。
http://www.rlc.fao.org/prior/segalim/bioenergia.htm

2)またFAOとチリ政府が開催した昨年6月に開催した「バイオ燃料とアグロ・エネルギーに関する国際セミナー」に関する文書が次のサイトに掲載されています。(目を通してはいません)SEMINARIO INTERNACIONAL AGROENERGÍA - BIOCOMBUSTIBLEShttp://www.rlc.fao.org/prensa/activi/biodiesel.htm  

3)国連の新しい報告書がいくつかのサイトで紹介されています。 
この報告書は、今後のバイオ燃料の持続的利用の可能性に向けて、社会、経済、環境などの側面から今後検討されるべき課題について取り上げています。
 Sustainable Bioenergy:A Framework for Decision Makers, UN-Energy 2007.4 http://esa.un.org/un-energy/pdf/susdev.Biofuels.FAO.pdf
 
 日本語でも次のサイトなどで既に紹介されているようです。
国連バイオエネルギー影響評価報告 バイオ燃料産業急拡大に警告(農業情報研究所(WAPIC))
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/earth/energy/news/07051001.htm

 以下はこの報告書に関連するスペイン語ニュースサイトなど
 BBCーMundo
http://news.bbc.co.uk/hi/spanish/science/newsid_6638000/6638335.stm

 FAO
http://www.fao.org/newsroom/es/news/2007/1000553/index.html

 既に掲載分の文章に3)を追記。

 バイオ燃料が万能ではないことは明らかであるし、各地で問題を引きおこす可能性を秘めているし、既に問題を起こしつつもある。報告書を追っかけるよりは現場の動向を見ていくことが必要なのだろう。
 いずれにせよ、3)のような報告が出ていれば、安易なバイオ燃料促進の国際協力などへは、一定のチェック機能を持ちうるのではないだろうか?
 
開発と権利のための行動センター
青西

|

« 先住民族大陸会議 イシムチェ宣言 | トップページ | グアテマラを伝えるブログ »

バイオ燃料」カテゴリの記事

中南米」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/15039331

この記事へのトラックバック一覧です: 中南米バイオ燃料関連情報:

« 先住民族大陸会議 イシムチェ宣言 | トップページ | グアテマラを伝えるブログ »