« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/12

先住民族とオイル・パーム生産他 バイオ燃料関連

 先住民族とオイル・パーム生産他 バイオ燃料関連

 このところバイオ燃料関連の情報が少なくなってきたこともあり、あまりお伝えしていませんでしたが、いくつか。

1)「オイルパーム及びその他の商業的プランテーションが先住民族に及ぼすインパクト」
 国連先住民族常設フォーラム 第六セッションにむけて、「オイルパーム及びその他の商業的プランテーションが先住民族に及ぼすインパクト」という報告がなされています。
 Oil Palm and Other Commercial Tree Plantations, Monocropping: Impacts on Indigenous Peoples’ Land Tenure and Resource Management Systems and Livelihoods. (07/05/07)
 ダウンロードはこちら
http://www.un.org/esa/socdev/unpfii/documents/6session_crp6.doc

2)グアテマラ グアテマラでの報道もだいぶ落ち着き、バイオ燃料振興もいいところも悪いところもあるというような報道が7月のはじめになされています。
 http://www.elperiodico.com.gt/es/20070701/actualidad/41217/ しかし、農民組織からの情報によるとサトウキビ生産の拡大による土地問題が表面化しつつあるようであり、モニタリングを続けていく必要があると思っています。小農民が貧困下に置かれ、なおかつ土地への権利も大土地所有者、経済的エリートに有利な国では、土地利用の変化は、小農民にネガティブな影響を引きおこす可能性が高い。
 また下のニュースではアフリカヤシの生産拡大の可能性に関する報道がなされています。 http://www.elperiodico.com.gt/es/20070623/actualidad/40976/

3)グアテマラ2 小規模バイオディーゼル コミュニティ開発プロジェクトの一環として、使用済みの油のリサイクルによるバイオディーゼル生産のプロジェクトが行われています。
http://www.elperiodico.com.gt/es/20070708/actualidad/41429/

4)アルゼンチンにおける大豆生産の拡大と森林破壊
 穀物価格高騰の中で、アルゼンチンにおける大豆生産が拡大しているとのことである。この中で百万ヘクタールの森林が破壊され、耕地に転換されたとのこと。(この大豆の使途がバイオディーゼルに向かうのかどうかは定かではありませんが)
 直接的にバイオ燃料の原料生産が、生産国内で土地利用の転換を進め、森林破壊を進めるケースだけではなく、それに伴う穀物価格の高騰も含め、外延的な影響が、「破壊できる(しやすい)森林がある国へ」、「規制の甘い国へ」広がっていく危険性を改めて感じさせられます。  http://www.proteger.org.ar/doc685.html

 開発と権利のための行動センター
 青西
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グアテマラ鉱山開発問題&行動センターの活動

 気づいたら随分長いことブログの更新をしていないようでした。現在、現金収入(+NGOの自己財源?)として、南米のとある国で開発関係の仕事を短期で請け負っており・・・
 9月にはグアテマラへ行きます! 10月には報告会もします!

 開発と権利のための行動センター
 理事 青西


 最近の動向について少し報告します。

1) 鉱山開発問題関連
 鉱山開発に関する「住民協議」の動きは、じわじわと各地に広がりつつあります。
 ウエウエテナンゴ県のサンタ・クルス・バリージャにおいても6月23日に鉱山開発の是非を問う、「良心に基づく協議」が行われ、地域住民は鉱山開発に対して「NO」の声を突きつけました。
 この協議には、投票権を持つ者から、未成年の者まで、自分たちの意見を表明しています。既存の「投票」の枠組みにとらわれることなく、地域の人々が政治に対し、地域の開発に対して意見を表明しています。これは地域から「民主主義」が生まれ、育ちつつあるプロセスだという思いを強く持ちます。またこの「投票」に関する情報の整理も徐々に透明な、外部の人に対してわかりやすい仕組みが作られつつあります。
 更に驚かされることは、この投票に参加した人、約46千人のうち、約2万4千人が成人ですが、実際にはそのうちの半数以上が「投票権」を持っていません。選挙人登録を行っていないのです。これまでの「民主主義」による選挙が、現実的には参加を保障していなかった姿があらためて浮かび上がります。

 自分たちの声を地域社会に反映させていこう、自分たちの社会のあり方を自分たちで決めていこうというこの強い思いを無視し続ける、グアテマラ政府のあり方、鉱山開発会社のあり方には強い疑問を感じます。
スペイン語の情報はこちらから
 http://homepage3.nifty.com/CADE/Espanol/mineriaindex.html

2) 開発と権利のための行動センターの活動
 開発と権利のための行動センターでは、鉱山開発も含め、「自然資源に対する先住民族の権利」というテーマで、地域の先住民族組織の強化、先住民族組織間のネットワークの強化のための活動を進めています。
 現在は、現地の協力組織を担う地域のコミュニティがどのような問題を抱え、どのような解決の方向を目指しているかについて、情報を収集するとともに、問題解決のために必要な活動案を検討してもらっています。
 グアテマラでは、地域住民の意向を無視した自然保護区の設置(イサバル県、ペテン県)やダム開発(キチェ県)、鉱山開発(イサバル県、ウエウエテナンゴ県他)などの問題に加えて、バイオ燃料開発に関わる土地問題なども起きているようです。
 イサバル県では、環境NGO主導で作られた自然保護区が、地域住民組織から違憲訴訟を起こされるという問題も起きています。地域住民の発言力が高まる中で、環境NGOは「やっと」地域の先住民族言語を話せる普及員を雇用し始めたというのが現状です。
 鉱山開発問題と同様、地域の人々が、先住民族が、自分たちの未来を自分たちで決めていくための、側面支援、情報提供や経験交流などを進めていきたいと考えています。


 寄付金口座はこちら

 寄付金口座
◆郵便振替口座:00230-5-131472
◆口座名   :開発と権利のための行動センター

 開発と権利のための行動センター
 理事 青西靖夫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メールマガジン グアテマラへようこそのご案内

既に発行してから2週間ほど経ってしまいましたが、開発と権利のための行動センターの理事の青西が趣味で発行しているメールマガジンです。
この最終号の発行後も現地の新聞で報道が続くのは、子どもの誘拐、不正な養子手続きのニュースです。
グアテマラ社会における非常に大きな問題の一つです。
http://www.prensalibre.com/pl/2007/julio/01/175909.html

メールマガジンの購読申し込みはこちら

○配信の申込み/解除は次のURLからお願いします。
 発行者Webサイト: http://homepage2.nifty.com/Guatemala/mailMag.htm
 もしくは こちら http://www.mag2.com/m/0000151310.htm

バックナンバーはこちら
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000151310
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          グアテマラへようこそ メールマガジン 
          
                2007年6月28日発行   第33号
               発行部数:215(6/27現在)
                  発行:グアテマラへようこそ@ねっと
         http://homepage2.nifty.com/Guatemala/index.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 久しぶりグアテマラのイベント情報が紹介出来ます。今回は写真展と織物展
のイベント情報を頂きました。
 どちらも関西での開催ですが、是非足をお運び下さい。
 あと今回ちょっと急いで作ったものですから、誤字脱字等ありましたらお許
し下さい。  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 グアテマラへようこそ ●目次●
●1 イベント情報
 1-1 篠田ゆかり グアテマラ写真展
 1-2 特別展示 「マヤの衣装が語るもの」
●2 グアテマラ短信
 2-1 グアテマラでの人身売買
 2-2 スタンの被害からいまだ移転先が見つからず
●3 情報あれこれ 
 3-1 開発と権利のための行動センターから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●1 グアテマラ短信
1-1 篠田ゆかり グアテマラ写真展 Los Encuentros ~たくさんの出会い~

会  期  平成19年7月10日(火)~ 8月25日(土)
開館時間  午前11時~午後7時まで
定 休 日  毎週月曜日、第4日曜日
作家在廊日 7月21日(土)、8月5日(日)、8月19日(日)
会  場  京のケーキ屋さん 森の小枝
京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町675 フォルムズ烏丸御池102
TEL/FAX 075-204-3610

詳細、地図などは篠田さんのグアテマラ旅絵日記のサイトをご覧下さい。
http://www4.ocn.ne.jp/~lunaxela/

----------------------------------------------------------------------
1-2 特別展示 「マヤの衣装が語るもの」

会  場 東大阪市民美術センター  
会  期 平成19年7月5日(木)~7月29日(日)
開館時間 午前10時~午後5時まで( 毎週金曜日は午後7時まで)
休 館 日 7月9日(月) ・7月17日 (火-振替休館) ・7月23日(月 )
入 場 料 300円 高校以上 

詳細は東大阪市民美術センターのサイトをご覧下さい
http://www.city.higashiosaka.osaka.jp/060/060020/index2.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2 グアテマラ 短信
2-1 グアテマラでの人身売買
 以前、グアテマラの子どもの100人に1人が米国への養子になっている話しを
紹介しましたが、この話しの裏にある人身売買関連のニュースがいくつか報道
されています。
 人権擁護事務所の報告によると2006年には毎月50人の子どもの誘拐が発生。
これが増加傾向にあるとのこと。幼児が道ばたで強奪されるケースが多発して
いるとのこと。
 また幼児の取引に関わっていた人物がリンチにあうという事件もあちこちで
起きているよう。ある記事では子どもが5万ケッツアル(約75万円)で売ら
れていたという記述もあり。
 エルサルバドルの子どもがグアテマラ経由で、米国に偽造の文書で連れ出さ
れようとしていたという報道もあり。

 この話も少し継続的にフォローしていきたいと思います。

http://www.prensalibre.com/pl/2007/junio/23/175173.html
http://www.elperiodico.com.gt/es/20070625/actualidad/41033/
http://www.prensalibre.com/pl/2007/junio/27/175495.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2-2 スタンの被害からいまだ移転先が見つからず
 6月27日のプレンサ・リブレ紙の報道によると、スタン台風の被災者が未だ
移転先の住居を確保出来ず、政府に工事を進めるように訴えているとのこと。
「最初の75家族」分の建設が資金の遅滞から4ヶ月も工事が中断していると
のこと。
 あと3ヶ月ほどでスタン台風から2年になります。
http://www.prensalibre.com/pl/2007/junio/27/175485.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●3 情報あれこれ
3-1 開発と権利のための行動センターから
 鉱山開発の是非を問う住民投票他、グアテマラ関連のニュースをいくつか
掲載しました。
 http://cade.cocolog-nifty.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「グアテマラへようこそ」の配信について------------------------------
○配信の申込み/解除は次のURLからお願いします。
 発行者Webサイト: http://homepage2.nifty.com/Guatemala/mailMag.htm
 もしくは こちら http://www.mag2.com/m/0000151310.htm
○当メールマガジンの配信を申し込まれますと,自動的に「ウイークリーま
 ぐまぐ」が配信されます。配信中止をご希望の方は,次のURLで手続きできます。
 http://www.mag2.com/wmag/
○イベントの日時・場所などは,必ず事前に各団体にご確認ください。
○投稿を受け付けます。イベント案内、出版案内などありましたら、E-mail:
 guatemala@nifty.comまで
○ このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
グアテマラへようこそ メールマガジン(不定期発行)

■編集/発行■
グアテマラへようこそ@ねっと
 http://homepage2.nifty.com/Guatemala/index.htm
 E-mail:  guatemala@nifty.com

◎グアテマラへようこそ
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000151310/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »