« 鉱山開発の是非を問う住民投票 | トップページ | グアテマラ鉱山開発問題&行動センターの活動 »

2007/07/12

メールマガジン グアテマラへようこそのご案内

既に発行してから2週間ほど経ってしまいましたが、開発と権利のための行動センターの理事の青西が趣味で発行しているメールマガジンです。
この最終号の発行後も現地の新聞で報道が続くのは、子どもの誘拐、不正な養子手続きのニュースです。
グアテマラ社会における非常に大きな問題の一つです。
http://www.prensalibre.com/pl/2007/julio/01/175909.html

メールマガジンの購読申し込みはこちら

○配信の申込み/解除は次のURLからお願いします。
 発行者Webサイト: http://homepage2.nifty.com/Guatemala/mailMag.htm
 もしくは こちら http://www.mag2.com/m/0000151310.htm

バックナンバーはこちら
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000151310
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          グアテマラへようこそ メールマガジン 
          
                2007年6月28日発行   第33号
               発行部数:215(6/27現在)
                  発行:グアテマラへようこそ@ねっと
         http://homepage2.nifty.com/Guatemala/index.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 久しぶりグアテマラのイベント情報が紹介出来ます。今回は写真展と織物展
のイベント情報を頂きました。
 どちらも関西での開催ですが、是非足をお運び下さい。
 あと今回ちょっと急いで作ったものですから、誤字脱字等ありましたらお許
し下さい。  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 グアテマラへようこそ ●目次●
●1 イベント情報
 1-1 篠田ゆかり グアテマラ写真展
 1-2 特別展示 「マヤの衣装が語るもの」
●2 グアテマラ短信
 2-1 グアテマラでの人身売買
 2-2 スタンの被害からいまだ移転先が見つからず
●3 情報あれこれ 
 3-1 開発と権利のための行動センターから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●1 グアテマラ短信
1-1 篠田ゆかり グアテマラ写真展 Los Encuentros ~たくさんの出会い~

会  期  平成19年7月10日(火)~ 8月25日(土)
開館時間  午前11時~午後7時まで
定 休 日  毎週月曜日、第4日曜日
作家在廊日 7月21日(土)、8月5日(日)、8月19日(日)
会  場  京のケーキ屋さん 森の小枝
京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町675 フォルムズ烏丸御池102
TEL/FAX 075-204-3610

詳細、地図などは篠田さんのグアテマラ旅絵日記のサイトをご覧下さい。
http://www4.ocn.ne.jp/~lunaxela/

----------------------------------------------------------------------
1-2 特別展示 「マヤの衣装が語るもの」

会  場 東大阪市民美術センター  
会  期 平成19年7月5日(木)~7月29日(日)
開館時間 午前10時~午後5時まで( 毎週金曜日は午後7時まで)
休 館 日 7月9日(月) ・7月17日 (火-振替休館) ・7月23日(月 )
入 場 料 300円 高校以上 

詳細は東大阪市民美術センターのサイトをご覧下さい
http://www.city.higashiosaka.osaka.jp/060/060020/index2.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2 グアテマラ 短信
2-1 グアテマラでの人身売買
 以前、グアテマラの子どもの100人に1人が米国への養子になっている話しを
紹介しましたが、この話しの裏にある人身売買関連のニュースがいくつか報道
されています。
 人権擁護事務所の報告によると2006年には毎月50人の子どもの誘拐が発生。
これが増加傾向にあるとのこと。幼児が道ばたで強奪されるケースが多発して
いるとのこと。
 また幼児の取引に関わっていた人物がリンチにあうという事件もあちこちで
起きているよう。ある記事では子どもが5万ケッツアル(約75万円)で売ら
れていたという記述もあり。
 エルサルバドルの子どもがグアテマラ経由で、米国に偽造の文書で連れ出さ
れようとしていたという報道もあり。

 この話も少し継続的にフォローしていきたいと思います。

http://www.prensalibre.com/pl/2007/junio/23/175173.html
http://www.elperiodico.com.gt/es/20070625/actualidad/41033/
http://www.prensalibre.com/pl/2007/junio/27/175495.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2-2 スタンの被害からいまだ移転先が見つからず
 6月27日のプレンサ・リブレ紙の報道によると、スタン台風の被災者が未だ
移転先の住居を確保出来ず、政府に工事を進めるように訴えているとのこと。
「最初の75家族」分の建設が資金の遅滞から4ヶ月も工事が中断していると
のこと。
 あと3ヶ月ほどでスタン台風から2年になります。
http://www.prensalibre.com/pl/2007/junio/27/175485.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●3 情報あれこれ
3-1 開発と権利のための行動センターから
 鉱山開発の是非を問う住民投票他、グアテマラ関連のニュースをいくつか
掲載しました。
 http://cade.cocolog-nifty.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「グアテマラへようこそ」の配信について------------------------------
○配信の申込み/解除は次のURLからお願いします。
 発行者Webサイト: http://homepage2.nifty.com/Guatemala/mailMag.htm
 もしくは こちら http://www.mag2.com/m/0000151310.htm
○当メールマガジンの配信を申し込まれますと,自動的に「ウイークリーま
 ぐまぐ」が配信されます。配信中止をご希望の方は,次のURLで手続きできます。
 http://www.mag2.com/wmag/
○イベントの日時・場所などは,必ず事前に各団体にご確認ください。
○投稿を受け付けます。イベント案内、出版案内などありましたら、E-mail:
 guatemala@nifty.comまで
○ このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
グアテマラへようこそ メールマガジン(不定期発行)

■編集/発行■
グアテマラへようこそ@ねっと
 http://homepage2.nifty.com/Guatemala/index.htm
 E-mail:  guatemala@nifty.com

◎グアテマラへようこそ
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000151310/

|

« 鉱山開発の是非を問う住民投票 | トップページ | グアテマラ鉱山開発問題&行動センターの活動 »

グアテマラ」カテゴリの記事

行動センターからのご案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/15732480

この記事へのトラックバック一覧です: メールマガジン グアテマラへようこそのご案内:

« 鉱山開発の是非を問う住民投票 | トップページ | グアテマラ鉱山開発問題&行動センターの活動 »