« 開発と権利のための行動センター報告会のご案内(10/27) | トップページ | 世界銀行「世界開発報告:開発のための農業」におけるバイオ燃料への考え »

2007/10/28

アルゼンチン、IICA 他バイオ燃料関連

バイオ燃料関連情報整理

1) Agrocombustibles, Argentina frente a una nueva encrucijada
 アルゼンチンの環境団体が「アグロ燃料:新しい分岐点の前で」という報告書を刊行
http://www.pas.org.ar/index.php/2007/10/19/encrucijada-de-los-agrocombustibles/ 
http://www.pas.org.ar/wp-content/uploads/2007/10/agro-final.pdfアルゼンチンのような農業生産大国では、環境へのインパクト、温暖化への貢献どうこうはさておき、大豆の市場が広がり、高値で売れるとなれば生産を拡大しようという大企業の動きがあり、それに対して環境団体が「ちょっと待った・・・誰のために作っているのか?何のために作っているのか?」と問いかけている資料です。

2) Agroenergy and biofuels Atlas of the Americas: i. ethanol
米州農業協力機構(IICA)が中南米のバイオ燃料に関する報告書、「アグロ燃料とバイオ燃料:中南米諸国アトラス 1エタノール」を刊行
 これはバイオ燃料振興のスタンスから作成されたもので、社会・環境へのインパクトには触れてはいません。地域全体の状況と国別の報告から構成されています。
 ニュースブリーフ    http://www.iica.int/noticias/detalles/2007/CP38-2007_eng.pdf
IICA バイオ燃料サイト http://www.iica.int/Agroenergia/default.asp
(ここから文書はダウンロードできます。)

3)LIFE CYCLE ASSESSMENT OF ENERGY PRODUCTS: ENVIRONMENTAL ASSESSMENT OF BIOFUELS
 - Executive Summary -
 これは現代思想の2007年10月号「特集-温暖化の真実」のP71で引用されている表を見て、元データを探したものですが、EMPA(スイス素材試験所?)のサイトではリンクを見つけることができず・・・次のサイトでダウンロードできます。
http://www.bioenergywiki.net/images/8/80/Empa_Bioenergie_ExecSumm_engl.pdf
これをちらちらと眺める限り、作物を利用したバイオ燃料を「環境に優しい」と見なすことはやはりできないというのが明らかです。
 ちなみにこの報告書を紹介した記事はこちらに日本語であります。
 http://www.swissinfo.org/jpn/front/detail.html?siteSect=105&sid=7850105&cKey=1179993182000

4)BioenergyWiki http://www.bioenergywiki.net/index.php/Main_Page 3)のサイトを探しているときに見つけたものです。本当にあちこち情報はあふれかえっているようで・・・

 ちなみに開発と権利のための行動センターのブログにも「バイオ燃料」のカテゴリーを作成しました。
http://cade.cocolog-nifty.com/ao/

 開発と権利のための行動センター
 青西

|

« 開発と権利のための行動センター報告会のご案内(10/27) | トップページ | 世界銀行「世界開発報告:開発のための農業」におけるバイオ燃料への考え »

バイオ燃料」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/16895865

この記事へのトラックバック一覧です: アルゼンチン、IICA 他バイオ燃料関連:

« 開発と権利のための行動センター報告会のご案内(10/27) | トップページ | 世界銀行「世界開発報告:開発のための農業」におけるバイオ燃料への考え »