« アルゼンチン、IICA 他バイオ燃料関連 | トップページ | グアテマラ 開発プロジェクトとコミュニティの分断 »

2007/11/01

世界銀行「世界開発報告:開発のための農業」におけるバイオ燃料への考え

世界銀行「世界開発報告:開発のための農業」におけるバイオ燃料への考え
 
1)「世界開発報告2008」は「開発のための農業」をテーマにしています。その中でバイオ燃料についても取り上げられています。
 簡単にまとめてしまうならば、先進国のバイオ燃料振興は補助金漬けで市場を歪めるものであり、開発途上国においては、ブラジルを除けば、非常に限られたケースにおいてのみ経済的に見合うものとなりうる。社会・環境へのコストは高く、水や土地を巡る競合も増加する。食用作物価格の高騰は貧困層の厚生を低下させる。第二世代の開発が待たれる。
 このようなことになるかと思われます。

 世界開発報告 全文へのアクセス 
http://econ.worldbank.org/WBSITE/EXTERNAL/EXTDEC/EXTRESEARCH/EXTWDRS/EXTWDR2008/0,,contentMDK:21410054~menuPK:3149676~pagePK:64167689~piPK:64167673~theSitePK:2795143,00.html
バイオ燃料に関するフォーカス
http://siteresources.worldbank.org/INTWDR2008/Resources/2795087-1192112387976/WDR08_05_Focus_B.pdf

2) ODI ”Biofuels, Agriculture and Poverty Reduction"
Natural Resource Perspectives 107, June 2007 Overseas Development Institute
こちらまだ目を通してもいませんが、出てきたのでついでにご紹介
http://www.odi.org.uk/nrp/NRP107.pdf

 開発と権利のための行動センター
 青西

|

« アルゼンチン、IICA 他バイオ燃料関連 | トップページ | グアテマラ 開発プロジェクトとコミュニティの分断 »

バイオ燃料」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

農村開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/16940650

この記事へのトラックバック一覧です: 世界銀行「世界開発報告:開発のための農業」におけるバイオ燃料への考え:

« アルゼンチン、IICA 他バイオ燃料関連 | トップページ | グアテマラ 開発プロジェクトとコミュニティの分断 »