« 自然保護区と農民 /歪められた現地報道 | トップページ | 国際的環境NGO:遺伝子組み換え作物についての報告書刊行 »

2008/03/01

延期:5月4日に予定されていたボリビア国民投票

   追記:4月10日
 サンタクルス県で計画されている自治憲章の承認に関する住民投票は5月4日に強行される予定。政府側は軍の動員などによる投票の阻止は行わない様子。しかし与党支持派の先住民族組織などは道路封鎖など、「違法」な投票実施を妨害する方針を打ち出している。
 

 追記3月8日  ボリビアのプレンサ紙(2008/3/08)によると国家選挙裁判所(CNE)の判断によって、5月4日に計画されていた国民投票は延期。また現政権への反対派を中心とする県レベルの自治憲章に関する住民投票も憲法に違反するとして無効を宣言された。 La CNE aplaza los referendos pero Santa Cruz decide hoyCorte Nacional Electoral (CNE), http://www.laprensa.com.bo/noticias/08-03-08/08_03_08_poli2.php  今後の対応は不明 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 昨年12月に立憲議会で承認されている新憲法案が、5月4日国民投票にかけられることとなった。この国民投票では、土地所有面積の限度を5000haとするか、10000haとするかという点及び憲法改正案全体への承認、という二点を問うことになる。http://www.presidencia.gov.bo/prensa/Noticias.asp?id=200802291&p=5 
新憲法案はこちら>>http://www.presidencia.gov.bo/asamblea/nueva_cpe_aprobada_en_grande_en_detalle_y_en_revision.pdf
 一方、現政権への反対勢力であるサンタ・クルス県、ベニ県などの県知事はそれぞれの県の自治憲章を定める住民投票の開催を計画している。これに対して国会は、県には投票を実施する権限がないと判断しているとのことである。
しかしサンタクルス県では5月4日、ベニ県では6月1日に、計画通り実施するとの態度を表明している。
http://www.laprensa.com.bo/noticias/29-02-08/29_02_08_poli1.php
http://www.laprensa.com.bo/noticias/29-02-08/29_02_08_poli2.php

追記(3/7):県での自治憲章を定める住民投票は4/27に前倒しされて行われる模様。
http://news.bbc.co.uk/hi/spanish/latin_america/newsid_7282000/7282667.stm
 開発と権利のための行動センター
 青西

|

« 自然保護区と農民 /歪められた現地報道 | トップページ | 国際的環境NGO:遺伝子組み換え作物についての報告書刊行 »

ボリビア」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/40320402

この記事へのトラックバック一覧です: 延期:5月4日に予定されていたボリビア国民投票:

« 自然保護区と農民 /歪められた現地報道 | トップページ | 国際的環境NGO:遺伝子組み換え作物についての報告書刊行 »