« 「責任ある大豆生産」のまやかしを拒絶する | トップページ | チリのサケを巡る議論 »

2008/04/03

圃場に残存するGM種子

 BBCの報道は遺伝子組み換え種子が、作付け終了後、10年以上に渡って圃場に残存して、自生してくるという問題を取り上げています。
 種子の残存と自生は、遺伝子組み換え種子だけに起こりうる話ではないものの、一度作付けした後に根絶することの難しさは、遺伝子組み換え作物による遺伝子攪乱の可能性と、「共存」の難しさを物語っています。
 GM seeds can 'last for 10 years'
 http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/7324654.stm

|

« 「責任ある大豆生産」のまやかしを拒絶する | トップページ | チリのサケを巡る議論 »

食糧・農業・大豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/40745464

この記事へのトラックバック一覧です: 圃場に残存するGM種子:

« 「責任ある大豆生産」のまやかしを拒絶する | トップページ | チリのサケを巡る議論 »