« 英国:「バイオ燃料生産に関わる間接的影響」についての報告他 | トップページ |  グァテマラにおけるバイオ・ディーゼル生産 »

2008/07/10

G8は自由貿易推進のために食糧危機を利用している:農民組織の声

  北海道G8サミットの結果を受けて、世界的な農民組織であるビア・カンペシーナは次のような声明文を発表しています。
 El G8 está aprovechando la crisis alimentaria para promover su programa de libre comercio(スペイン語)
 http://www.viacampesina.org/main_sp/index.php?option=com_content&task=view&id=539&Itemid=1 
 The G8 is using the food crisis to promote their free trade agenda(英語)
  http://www.viacampesina.org/main_en/index.php?option=com_content&task=view&id=579&Itemid=1

  この声明では、北海道の農民の声を引用して「現在の危機を引き起こした農業と食糧市場の自由化を前に、更なる自由貿易で食糧危機を解決しようとするG8リーダーの意図することが理解できない。世界市場の不安定さを前に、人々は地域の食糧を消費しなければならない」と伝えています。
 またG8が自由貿易政策が引き起こしてきた破壊的な影響を省みていないこと、更に食糧危機を引き起こした投機的資金の問題やアグロ燃料問題について触れていないことが問題であると指摘しています。
  アフリカにおける新しい緑の革命については、遺伝子組み換え作物が食糧危機の解決策として利用されるのではないかという懸念を表明しています。遺伝子組み換え種子、大量の農薬、化学肥料を利用するモノカルチャーが数多くの農民を負債に縛り上げ、あるいは小農民を土地から排除してきたこと、またこうした農業が化石燃料を集中的に利用することになり、温暖化にもつながるものであるをことを指摘しています。
 地域市場向けの地域的生産の促進こそが、文化やコミュニティの多様性を尊重しつつ、環境や消費者の健康を守り、また雇用を生み出すことができるものである、とビア・カンペシーナは訴えている。

 開発と権利のための行動センター
 青西

|

« 英国:「バイオ燃料生産に関わる間接的影響」についての報告他 | トップページ |  グァテマラにおけるバイオ・ディーゼル生産 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

食糧・農業・大豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/41792094

この記事へのトラックバック一覧です: G8は自由貿易推進のために食糧危機を利用している:農民組織の声:

« 英国:「バイオ燃料生産に関わる間接的影響」についての報告他 | トップページ |  グァテマラにおけるバイオ・ディーゼル生産 »