« 持続的バイオ燃料に関するラウンドテーブル他 | トップページ | ボリビア:ベニ県で政府機関の事務所占拠(080822) »

2008/08/14

アマゾン東部における石油・ガス開発の拡大

 近年、多様な生物多様性を保持し、また多くの先住民族が居住している東部アマゾン地域で、広範囲にわたって石油や天然ガスの開発が進められようとしています。特にエクアドルやペルーでは石油やガスの開発計画地区はアマゾン地域の3分の2を占めるに至っているとのことです。
 この点についてPLoS OneのサイトはOil and Gas Projects in the Western Amazon: Threats to Wilderness, Biodiversity, and Indigenous Peoples(2008/08/13)という報告書を公表しています。この報告書では既存のデータに依拠して、アマゾン地域でどの程度石油やガス開発が計画されているかを地図上に配置しており、その規模の大きさが一目で把握でいます。また報告書では道路建設の影響の大きさを指摘するとともに、地下資源開発政策の見直し、先住民族の権利の尊重の必要性などを指摘しています。
Oil and Gas Projects in the Western Amazon: Threats to Wilderness, Biodiversity, and Indigenous Peoples  (2008/08/13)
http://www.plos.org/press/pone-03-08-finer.pdf
 
Amazon rainforest threatened by new wave of oil and gas exploration(ガーディアン紙 2008/08/13)
http://www.guardian.co.uk/environment/2008/aug/13/conservation.forests/print 

 開発と権利のための行動センター
 青西

|

« 持続的バイオ燃料に関するラウンドテーブル他 | トップページ | ボリビア:ベニ県で政府機関の事務所占拠(080822) »

エクアドル」カテゴリの記事

ペルー」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

鉱山開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/42163512

この記事へのトラックバック一覧です: アマゾン東部における石油・ガス開発の拡大:

« 持続的バイオ燃料に関するラウンドテーブル他 | トップページ | ボリビア:ベニ県で政府機関の事務所占拠(080822) »