« グアラニ民族関連情報 | トップページ | バハ・カリフォルニアにおける観光開発が地域社会に高い負荷をかける »

2008/09/24

チリ、ILO169号条約正式批准

 先住民族の権利に関する国際条約であるILO169号条約(正式名:独立国における原住民及び種族民に関する条約)を、9月15日チリが正式に批准。
 これは上院で3月4日に可決されたのち、動きが見えなかったものですが、正式な批准がなされたということでお伝えします。
 チリ国内では一年間の準備期間をおいて正式に発効するとのことです。また懸案事項となっていた「解釈宣言」は付属していないとのこと。

 10月17日追記:10月2日に法令236によって公布が宣言され、2009年9月15日に発効することとなった。公布を宣言する法令に条約を制限するような条項がはいるのではないかという話もあったが、「解釈宣言」あるいはそれに類似する条項は一切伴っていない。
http://www.servindi.org/archivo/2008/4818
 開発と権利のための行動センター
 青西
 
 関連記事:
ブログ
http://cade.cocolog-nifty.com/ao/2008/01/ilo169_85f6.html
http://cade.cocolog-nifty.com/ao/2008/03/ilo169_e4cd.html#search_word=チリ
 
 現地報道
 Chile ratifica Convenio 169 de la OIT
Tratado internacional sobre los pueblos indigenas entrara en vigencia el 15 de septiembre de 2009, segun dio a conocer hoy el gobierno a traves de los ministros Jose Antonio Viera Gallo y Paula Quintana.
  http://www.lanacion.cl/prontus_noticias_v2/site/artic/20080922/pags/20080922165113.html

|

« グアラニ民族関連情報 | トップページ | バハ・カリフォルニアにおける観光開発が地域社会に高い負荷をかける »

チリ」カテゴリの記事

先住民族」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/42575688

この記事へのトラックバック一覧です: チリ、ILO169号条約正式批准:

« グアラニ民族関連情報 | トップページ | バハ・カリフォルニアにおける観光開発が地域社会に高い負荷をかける »