« 勇気を受け継ぐⅡ ロサ・ペレス=トフ スピーキング・ツアー    | トップページ | エクアドルの新憲法について:報道から »

2008/10/09

FAO バイオ燃料政策の見直しの必要を訴える

国連食糧農業機構(FAO)は年次報告書、 THE STATE OF FOOD AND AGRICULTURE 2008においてバイオ燃料を特集。 世界的な食糧安全保障のためには、バイオ燃料関連の政策や補助金を早急に見直さなければならないと述べている。
 報告書自体には目を通せていないが、プレスリリースでは次のような点を伝えている。
1)バイオ燃料はチャンスであるがリスクも伴う。結果はそれぞれの国に特定の文脈と政策による。
2)現在の政策は、いくつかの先進国の生産者のみを優遇するものとなっている。リスクを減少させ、チャンスをより広範に共有する必要がある。
3)世界のエネルギー供給の中ではわずかな割合でしかないにもかかわらず、原料となる農産物への需要は増加し続け、価格上昇への圧力を高めている。
4)開発途上国の農民にとってはチャンスともなりうるが、現在の補助金や流通障壁がそれを阻害している。
5)バイオ燃料の使用を進めるための化石燃料への混合政策などのインセンティブが、過度な拡大を引き起こし、経済・社会・環境への負荷を高めているので見直す必要がある。
6)サトウ(キビ)の利用など一部の作物を除いて、温室効果ガスの削減につながるわけではない。バイオ燃料生産のための土地利用の変化、森林破壊などによって、温室効果ガスが発生し、また生物多様性や土壌への脅威も広がっている。
7)温室効果ガスを減少させるという点において、研究途上にある第二世代のバイオ燃料生産が重要である。

 開発と権利のための行動センター
 青西

La FAO pide una revisión de las políticas y subvenciones a los biocombustibles
Un informe anual sopesa las oportunidades y riesgos
http://www.fao.org/newsroom/es/news/2008/1000928/index.html
Reviewing biofuel policies and subsidies
http://www.fao.org/newsroom/en/news/2008/1000928/index.html(英語) 

|

« 勇気を受け継ぐⅡ ロサ・ペレス=トフ スピーキング・ツアー    | トップページ | エクアドルの新憲法について:報道から »

バイオ燃料」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/42732836

この記事へのトラックバック一覧です: FAO バイオ燃料政策の見直しの必要を訴える:

« 勇気を受け継ぐⅡ ロサ・ペレス=トフ スピーキング・ツアー    | トップページ | エクアドルの新憲法について:報道から »