« エクアドル 新憲法の内実が問われる新鉱業法 | トップページ | バイオ燃料:ビルマの事例 »

2008/12/15

 IIRSA(南米地域インフラ統合イニシアティブ)に対する先住民族からの提言

 IIRSAは南米地域の統合を目指すインフラ整備計画であるが、南米諸国の先住民族組織は、各国政府及びCAF, BNDES, Unión Europea, Fonplata, Santanderといった融資機関に対して声明を発表。
 
 Propuesta Indígena Andina sobre la IIRSA(2008/12/05)
 
 IIRSAは「統合と開発」という名目で、輸送、エネルギー、通信などの分野、計507のプロジェクトを689億ドルの投資をもって行おうとするものである。しかしこれは私たちの国を多国籍企業のための一次産品供給者という従属的な役割に押しとどめるものであり、社会・経済・環境・文化に大きな影響を引き起こし、また人権侵害と、アマゾン・パンタナル・アンデス・チャコの破壊を引き起こすものである。また先住民族のテリトリーや沿岸部や流域のコミュニティに害を引き起こし、数千という人々の移転を強い、生物多様性の喪失を引き起こす。さらには生計手段を奪い、貧困を深化させ、未来の世代の生存を危うくするものである。
  
  私たちは母なる自然の子どもであり、主人でもなければ支配者でもなく、またそれを売り払う者でも、破壊する者でもない。私たちの生活は自然に頼っているのであり、だからこそ、社会、自然、精神性、生活の間の調和という「良い生き方」に基づいてネオ・リベラリズムとは異なるオータナティブを築きつつあるのである。それは私たちの土地を、商品の経由地に、鉱山の採掘跡に、石油で死んだ川にしようとするIIRSAとは遠いところにある。インフラは必要である。しかしそれは「生活」のためであって、多国籍企業のトラックや船が通過するためのものではない。私たちの生産活動と、コミュニティにおける社会的必要を優先すべきであって、アスファルトやセメントや鉄による偽りの開発のために対外債務を増やすべきではなく、それは私たちの国にとって違法な対外債務となるものである。

 こうしたすべてのものが透明性をもって議論されていないことはスキャンダルである。国際的な融資を得るために、実際の影響を世論から隠し、いくつかの成功したと称する怪しいケースのみを紹介している。多国籍の銀行に対して警告する。こうした投資は深刻な社会的紛争の上になされる危険があることを。

 諸政府に対して次のことを提案する。

1)IIRSAについて、独立した、技術的かつ公の討議を行うこと。影響を受ける先住民族コミュニティに対して、ILO169号条約と国連の先住民族の権利宣言に基づき、事前の、十分な情報に基づく、誠実な協議と同意に基づいて、統合的に再構築すること。
2)IIRSAは、人類にとって重要なエコ・システムと私たち先住民族が守ってきた先住民族文化の破壊を引き起こす、地球的な環境破壊の共犯者となるべきではない。
3)南米に計り知れない影響を引き起こすこのようなプログラムの責任は、最大限の政治的・社会的コントロールの元に置かれるべきである。
4)BIDとCAFという多国籍銀行によってリードされてきたIIRSAの管理は失敗したのであり、IIRSAを市民社会と先住民族の参加に基づいた上で南米諸国連合に移すこと。

 私たちの提言について話し合い、また透明性を高めるためにIIRSAの政治的責任者、南米諸国政府、またCAF, BID, Unión Europea, Fonplata,BNDES, Santanderといった融資機関ととの対話は急務である。

CAOI – Coordinadora Andina de Organizaciones Indígenas Confederación Nacional de Comunidades del Perú Afectadas por la Minería, CONACAMI * Confederación de los Pueblos Kichwa del Ecuador, ECUARUNARI * Organización Nacional Indígena de Colombia, ONIC * Organización Nacional de Pueblos Indígenas de Argentina, ONPIA * Confederación Campesina del Perú, CCP * Asociación Nacional de Maestros en Educación Bilingüe del Perú, ANAMEBI * Consejo Nacional de Ayllus y Markas del Qollasuyu, CONAMAQ * Confederación Sindical Única Trabajadores Campesinos de Bolivia,CSUTCB * Federación Nacional Mujeres Indígenas Originarias Bartolina Sisa * Confederación de Pueblos Indígenas del Oriente Boliviano, CIDOB * Consejo de Todas las Tierras (Chile) * Organización Indígena Chiquitana, OICH * Asociación Comunidad Motilón Bari, ASOCBARI (Santander, Colombia) * Convergencia Nacional Maya Waqib ‘Kej * Coordinadora Quechua Aymara del Sur del Perú.
 
 http://www.minkandina.org/spip.php?article157 

このブログでもIIRSAについては何度か報告しているので、右側のブログ内検索でIIRSAを入れてみてください。
 IIRSAによるインフラを利用して、先住民族のテリトリーを横断してくる一次産品の中には当然日本に運ばれてくるものも入っています。

 開発と権利のための行動センター
 青西

|

« エクアドル 新憲法の内実が問われる新鉱業法 | トップページ | バイオ燃料:ビルマの事例 »

中南米」カテゴリの記事

先住民族」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/43428368

この記事へのトラックバック一覧です:  IIRSA(南米地域インフラ統合イニシアティブ)に対する先住民族からの提言:

« エクアドル 新憲法の内実が問われる新鉱業法 | トップページ | バイオ燃料:ビルマの事例 »