« WWFが進める水産養殖認証に地域のNGOなどから批判の声 | トップページ | 温暖化対策に関係する問題:メキシコ他 »

2009/02/14

バイオ燃料:ミンダナオ、FAO他

1.ミンダナオ、ジャトロファによる食糧生産圧迫
 ミンダナオにおけるジャトロファ生産の話は一年ほど前にこのブログでも紹介しました。
  http://cade.cocolog-nifty.com/ao/2008/03/post_25c9.html
 ミンダナオの状況について、2ヶ月前の記事になりますが、見つけましたのでリンクを紹介します。
 この記事によるとミンダナオの先住民族であるビラーン民族の女性、ロルナ・モラさんは、ジャトロファの植え付けに土地が使われてしまい、十分な耕作地が残されていない、もう日には三度食べられないと語っています。
 http://services.inquirer.net/print/print.php?article_id=20081210-177076

2.FOOD, FARMERS AND FUEL:Balancing Global Grain and Energy Policies with Sustainable Land Use
ActionAid Internationalが2008年11月に発行した報告書である。ケーススタディとして、ブラジル、グアテマラ、ガーナ、モザンビーク、セネガルが取り上げられています。
 グアテマラにおいてはサトウキビやオイルパームの拡大で土地の再集中が進み、食糧安全を脅かしていること、アフリカ諸国ではいわゆる「マージナルな土地」への圧力が高まり、特に女性の収入に影響が出ていることが報告されています。
  http://www.actionaidusa.org/assets/pdfs/food_rights/actionaid_biofuels_report_nov_08.pdf

3: FAOの報告書  The Right to Food and the Impact of Liquid Biofuels (Agrofuels)
  目を通せていないので紹介のみ。
  http://www.fao.org/righttofood/news18_en.htm
  他にも ”The right to adequate food and indigenous people", Right to Food studyといった報告書もでています。

開発と権利のための行動センター
青西

|

« WWFが進める水産養殖認証に地域のNGOなどから批判の声 | トップページ | 温暖化対策に関係する問題:メキシコ他 »

バイオ燃料」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/44059274

この記事へのトラックバック一覧です: バイオ燃料:ミンダナオ、FAO他:

« WWFが進める水産養殖認証に地域のNGOなどから批判の声 | トップページ | 温暖化対策に関係する問題:メキシコ他 »