« パナマ:先住民族の集団的土地所有をめぐって | トップページ | 南米連続勉強会:3/14 ボリビアの今 »

2009/02/23

エクアドル勉強会について

 2月21日に開催しました南米連続勉強会第一回目 「エクアドルの資源開発と先住民族」(講師:新木秀和)はちょうど小会議室いっぱいの9名の参加をうけて、充実した勉強会となりました。この報告会の内容は、共催団体の日本ラテンアメリカ協力ネットワーク のニュースレターに掲載される予定です。
 当日講師の新木さんより紹介して頂いた資料などは次のサイトに紹介していますので、是非こちらからご購入ください。
http://astore.amazon.co.jp/ecuadorlibros-22
  また当日はエクアドルのフェアトレードコーヒーの紹介も参加者より行われましたので、そこへのリンクも掲載します。
  http://www.taharadrink.co.jp/coffee/index.html
 この他、当日は関係機関の資料なども配付しました。

 次回は3月14日(土曜日)午後3時から
 「ボリビア:エボ・モラレス政権の取り組みと政治状況(仮題)」
  講師:藤田護(ふじた まもる)  元ボリビア日本国大使館専門調査員、

 次回はもう少し広い会場となりますが、参加希望者は事前に cade-la@nifty.comまで連絡をお願いします。
  
「南米連続勉強会:先住民族運動、社会運動の今と政治動向」
  新憲法の制定などを通じて社会改革を目指すボリビアやエクアドルの政治。
またその中での先住民族運動や社会運動。混乱する世界の中で、未来を模索す
る南米の動きは目が離せません!
 
3月14日(土)
第2回:「ボリビア:エボ・モラレス政権の取り組みと政治状況(仮題)」
        講師:藤田護(ふじた まもる)
日時:2009年3月14日(土) 午後3時から
資料代:500円 
会場:アイヌ文化交流センター
東京都中央区八重洲2丁目4番13号 アーバンスクエア八重洲(3階) 
地図→  http://www.frpac.or.jp/prf/c_map.html
JR東京駅八重洲南口から徒歩4分。八重洲ブックセンターと新光証券の間入る。

第3回:「コロンビア:慢性化した紛争状況の中で生きる人々」
日時:4月25日(土) 午後2時半から(予定)
講師:千代勇一(せんだい ゆういち)
上智大学大学院在籍。北部アンデスの文化人類学を専攻。現在はコロンビアにおけるコカの代替開発を研究。著書に『アンデス高地』(共著)、『エクアドルを知るための60章』(共著)、論文に「コロンビアにおける違法コカ栽培と政府の対策」、「コロンビアにおける右派ウリベ大統領の再選と左派勢力の伸張」などがある。
(第3回の4月から会場が変更になる予定です。詳細は下記連絡先にて確認ください)

以降、6月まで継続的に実施します。

主催:先住民族の10年市民連絡会、
   開発と権利のための行動センター
     日本ラテンアメリカ協力ネットワーク

参加希望の方は事前に下記まで連絡お願いします。
連絡先:日本ラテンアメリカ協力ネットワーク email: recom@jca.apc.org
先住民族の10年市民連絡会 Tel/Fax:03-5932-9515 email: indy10-Lj@infoseek.jp
開発と権利のための行動センター email: cade-la@nifty.com
http://cade.cocolog-nifty.com/

|

« パナマ:先住民族の集団的土地所有をめぐって | トップページ | 南米連続勉強会:3/14 ボリビアの今 »

エクアドル」カテゴリの記事

行動センターからのご案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/44150986

この記事へのトラックバック一覧です: エクアドル勉強会について:

« パナマ:先住民族の集団的土地所有をめぐって | トップページ | 南米連続勉強会:3/14 ボリビアの今 »