« 南米連続勉強会:3/14 ボリビアの今 | トップページ | グアテマラで大規模開発の背後に潜む殺人グループ »

2009/03/03

グアテマラの悪化する治安状況を前に、再び広がりつつある軍の影

  36年間にわたる内戦の中で、政府軍による大規模な虐殺が繰り広げられたグアテマラでは、1996年の内戦終結に際して締結された和平協定において、軍の役割は国境防衛に限定されたはずであった。しかし軍の兵員数削減の一方で、2006年より開始された警察支援という名目での軍による治安維持活動は、麻薬組織など組織犯罪の広がりや、文民警察の限界、汚職や腐敗を前に足場を固めつつある。
 2月16日付けの現地のプレンサ・リブレ紙の記事によると、軍に対して国内362の街区や村などから治安維持のための出動要請があげられているという。さらには軍による激しい弾圧にさらされたグアテマラ北部、キチェ県イシル地域でも駐屯地が再開されるという。
  一方、2004年まで派遣されていた国連グアテマラ和平検証団の最後の代表であったトム・コニックスは、今年2月8日にグアテマラを訪問した際のインタビューにおいて、こうした軍の展開に懸念を表明している。コニックスは1996年に締結された和平協定の最も重要な成果の一つとして、民主的な社会における軍の機能が定められ、その人員が半分に削減されたことに言及する一方で、現状のグアテマラにおける治安の問題、脆弱な文民警察の問題を指摘している。しかし治安の悪化の中で、軍が市民社会を守るとして、道路に展開することの危険性を指摘し、必要な数の文民警察を育成し、配置することの必要性を訴えている。[1]
 こうした中、警察と軍の参加によって行われた農民排除における過剰な暴力に対する反発も強まっている。アルタ・ベラパス県では、2月11日、不法占拠とされた農民が、警察に加えて100名余りの軍部隊に弾圧され、1名の死者が出る事件が起きている。これに対してグアテマラの農民組織は「グアテマラ軍は国境を防衛するかわりに、権利を要求する先住民族のコミュニティを弾圧している...和平協定によって民主社会における軍の役割は国家主権を守ることに限定されたはずであるにもかかわらず、内戦期のように再び弾圧を行っている。それも今は農園主と寡頭支配層を擁護するためにだ」と告発している。[2]
 1月末にもペテン県のラグーナ・デル・ティグレ国立公園に侵入しているとされたコミュニティが弾圧を受け、軍のヘリコプターなどからも銃撃される事件がおきている。人権団体は軍の命令に従わなかったとして射殺された者もいると告発している。[3]

 今年度には軍事予算の増加、増員なども既に計画されており、麻薬対策の名目で軍による人権侵害が広がらないよう国際社会の目が必要とされている。(2009/2/19 青西靖夫)


[1]Centro de Estudios de Guatemala, ENTREVISTA A TOM KOENIGS, ULTIMO JEFE DE MINUGUA,Guatemala, 2009/2/8
[2]CONIC, "CONIC CONDENA ENERGICAMENTE EL DESALOJO DE LA COMUNIDAD LOS PINOS, SAN MIGUEL TUCURU",Guatemala,2009/2/11
[3]  Convergencia por los Derechos Humanos, "COMUNICADO DE PRENSA-Laguna del Tigre",Guatemala,2009/2/10
                       

 

|

« 南米連続勉強会:3/14 ボリビアの今 | トップページ | グアテマラで大規模開発の背後に潜む殺人グループ »

グアテマラ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
安と申します。
私は、2007年から組織犯罪に関わって、
  ドラマや映画に出てくるようなことを沢山経験してます。
  裁判所で偽裁判官が法を悪用して判決をし、
  最高裁判所で裁判記録が改ざんされ、
  偽警官が警察署を自由に出入りししても
  平気な国は、日本です。
  詳細なことは、
  http://blogs.yahoo.co.jp/ansund59をご覧ください。
  事実で真実であることを誓います。

上記の事で取り組んでいる中に、私と同じ経験をしている方が大勢いるのを
知り、ブログ上でいくら論議しても、一人でどんなに行動しても無駄で、
何にも変わらない、一生解決できないとの事で、
集団・組織によるブログを開設しました。
詳細なことは、
http://blogs.yahoo.co.jp/ansunduck59 をご覧ください。
連帯して情報交換、分ち合い、助け合いができればと思ってます。
被害者をはじめ協力して下さる方のご参加をお待ちしております。

P.S.
記事と関係ないコメントで申し訳ござません。

投稿: 安 淳徳 | 2009/03/10 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/44229337

この記事へのトラックバック一覧です: グアテマラの悪化する治安状況を前に、再び広がりつつある軍の影:

« 南米連続勉強会:3/14 ボリビアの今 | トップページ | グアテマラで大規模開発の背後に潜む殺人グループ »