« ペルーにおける先住民族運動への弾圧に対して | トップページ | ペルー続報(6/19追記) »

2009/06/10

6月20日は南米勉強会第六回:「ラテンアメリカにおける”社会運動”の政治的影響力とその限界」

 南米連続勉強会 第一期の最終回となります。
 是非皆様ご参加ください。
 6月16日の映画のお知らせも掲載しています。

第六回:「ラテンアメリカにおける”社会運動”の政治的影響力とその限界」
参加希望の方は事前に下記まで連絡お願いします。
連絡先:日本ラテンアメリカ協力ネットワーク email: recom@jca.apc.org
先住民族の10年市民連絡会 Tel/Fax:03-5932-9515 
 email:indy10-Lj@infoseek.jp

開発と権利のための行動センターの担当者は6月16日より海外に一ヶ月ほど行きますので、メールの確認ができなくなるかと思います。ご容赦ください
また今回の連続勉強会の報告は、日本ラテンアメリカ協力ネットワーク のニュースレターに連載中です。購入希望の方は上記日本ラテンアメリカ協力ネットワーク までお申し込みください。

第六回:「ラテンアメリカにおける”社会運動”の政治的影響力とその限界」
日時:6月20日(土) 午後2時半から
講師:上谷直克(うえたに なおかつ)(アジア経済研究所 地域研究センター/副主任研究員)専門:比較政治学およびラテンアメリカ政治

最近の著作
2006 「議会選挙から見るラテンアメリカ"政党システム"の変化と持続性 -"左傾化"現象解明への一試論-」,『ラテンアメリカ・レポート』
2008 「政党政治を乗り越える?ラテンアメリカにおける"社会運動"の政治的潜在力とその限界」(佐藤 章編『政治変動下の発展途上国の政党-地域横断的研究-』アジア経済研究所)
資料代:500円
会場:人権ライブラリー 多目的スペース
   東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F
http://www.jinken.or.jp/houjingaiyou/access 


 主催:先住民族の10年市民連絡会、
     開発と権利のための行動センター
     日本ラテンアメリカ協力ネットワーク

参加希望の方は事前に下記まで連絡お願いします。
連絡先:日本ラテンアメリカ協力ネットワーク email: recom@jca.apc.org
先住民族の10年市民連絡会 Tel/Fax:03-5932-9515 
 email:indy10-Lj@infoseek.jp
開発と権利のための行動センター email: cade-la@nifty.com 


==ご案内=============
PRIME Cinema Cafe第4回
映像で知るラテンアメリカ
 映画「おんなの言葉」、「消えた家族たち―コロンビアの記憶」上映会
 
==================

日時:6月16日(火曜日) 18:30-20:30 (解説あり)
会場:明治学院大学 白金校舎 3号館3203教室  
http://www.meijigakuin.ac.jp/access/shirokane/
(JR品川駅・目黒駅よりバスで約10分、 東京メトロ白金高輪駅、白金台駅、高輪台駅より各徒歩約7分)  
映画上映会
          「おんなの言葉」、
          「消えた家族たち―コロンビアの記憶」
解説:新川志保子さん(日本ラテンアメリカ協力ネットワーク)、仮屋浩子さん(明治大学教員)    
参加費:無料、事前申込み不要                
主催:明治学院大学国際平和研究所  
*どなたでもご参加いただけます。お気軽にお越しください。

【作品紹介】 ----------------------------------------------------------------------------
Palabra de Mujer(『おんなの言葉』ソレダー・ベラ監督、2007年スペイン、スペイン語(日本語字幕)) 25分
中米ニカラグアで、サンディニスタ民族解放戦線が政権をとった後、進歩的なはずの新政府は、人工妊娠中絶を禁止した。女性の人権や解放より教会や右派政党の立場を支持したのだ。これに対し、女たちは独自のラジオ局を立ち上げ、女性の自立と権利を求めて声をあげはじめた。
(解説:「波をつくる女たち」提供)
----------------------------------------------------------------------------
A la Memoria (『消えた家族たち―コロンビアの記憶』カレン・ロア監督、2007年コロンビア、スペイン語(日本語字幕)) 27分30秒
1984年に解放闘争が終わったかに見えたが左派政党UP(愛国統一党)が誕生した。その後20年間で5000人にものぼるUP党員や支援者が政府側に殺された。演劇をとおしてその虐殺の生存者と遺族の精神の回復に取り組む活動を描き、政府の罪を告発するドキュメンタリー。
(解説:「波をつくる女たち」提供)

******************************
明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
〒108‐8636 東京都港区白金台1-2-37
Tel:03(5421)5652/Fax:03(5421)5653
E-mail: prime@prime.meijigakuin.ac.jp


|

« ペルーにおける先住民族運動への弾圧に対して | トップページ | ペルー続報(6/19追記) »

行動センターからのご案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/45296831

この記事へのトラックバック一覧です: 6月20日は南米勉強会第六回:「ラテンアメリカにおける”社会運動”の政治的影響力とその限界」:

« ペルーにおける先住民族運動への弾圧に対して | トップページ | ペルー続報(6/19追記) »