« ホンジュラスで大統領選挙に向けての選挙運動開始 | トップページ | 「植林モノカルチャーに反対する国際デー」に向けての声明文 »

2009/09/01

ボリビアとパラグアイのチャコ地方の先住民族の状況についての報告書公表

国連先住民族問題常設フォーラムは今年4月~5月にかけてパラグアイとボリビアのチャコ地方に調査団を派遣したが、8月31日その報告書が公表された。この調査団は両国政府の要請に基づいて派遣されたものであるが、常設フォーラムがこうした使節を派遣することは初めてである。
この調査では、先住民族に対する強制労働の実態が明らかにされるとともに、いくつかの勧告を行っている。

 報告書は次のページからダウンロードできる
http://www.un.org/esa/socdev/unpfii/

|

« ホンジュラスで大統領選挙に向けての選挙運動開始 | トップページ | 「植林モノカルチャーに反対する国際デー」に向けての声明文 »

ボリビア」カテゴリの記事

先住民族」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/46087460

この記事へのトラックバック一覧です: ボリビアとパラグアイのチャコ地方の先住民族の状況についての報告書公表:

« ホンジュラスで大統領選挙に向けての選挙運動開始 | トップページ | 「植林モノカルチャーに反対する国際デー」に向けての声明文 »