« パナマ:ナソ民族のコミュニティで再び強制排除 | トップページ | パナマ:強制排除に、国連の先住民族の権利に関する特別報告者・ジェームズ・アナヤ氏が深刻な懸念を表明 »

2009/11/25

グアテマラ:ケクチ民族はエル・ボルカン水力発電を拒否する!

El Pueblo Maya Q’eqchi’ ¡Rechazamos la hidroeléctrica El Volcán!
ケクチ民族はエル・ボルカン水力発電を拒否する!

 アルタ・ベラパス県のセナウ(Senahú),サンタ・マリア・カアボン(Santa María Cahabón )及びランキン(Lanquín)に計画されているエル・ボルカン水力発電計画に対して抗議の声。

 <以下声明文より抜粋>
 カアボンのチアクテ村はダム建設に大きな影響を受ける可能性があります。この村は長年にわたって、給与も払われないまま、農園での労働を強いられてきましたが、努力のかいがあって、土地を得ることができたのです。しかし今度は、エネルギー鉱業省によってチアクテ川の水利権が「グアテマラ・クリーン・ジェネレーション:Generación Limpia de Guatemala」に供与された上に、コミュニティの土地に発電所を建設するという計画が持ち上がったのです。
 農業や生活用水にチアクテ川の水を利用してきたコミュニティは、大企業の利益ばかりを考える経済政策によって脅かされ、移転を強いられようとしているのです。これは明らかな人権侵害です。
 チアクテ村は、2003年からエル・ボルカン水力発電計画に反対してきましたが、政府はその声に耳を傾けることはありませんでした。

 こうした状況を前に地域のコミュニティは次のように宣言しています。
1. 以下のコミュニティ(Chiacté, Chipoc, San Fernando Chinatal, Tuzbilpec, Colonia Agrícola San Juan y de la Región Pinares del municipio Santa María Cahabón; Chicanús y Yutbal de San Agustín Lanquín; y Benimá Volcán, Sillab Volcán y Secalá, de San Antonio Senahú)は私たちの先祖が生まれた土地、私たちが育てた世代が生まれた、この母なる大地の、土地・テリトリー・自然の富に対する伝統的・歴史的権利、聖地への権利を確認します。こうした権利は、私たちの命と引き替えになろうとも、奪うことのできない権利です。
2. チアクテ村が位置する、カアボンのピナレス地区のケクチ民族コミュニティは、エネルギー鉱業省によって認可されたエル・ボルカン水力発電所に関する建設許可を拒絶します。また私たちは、この地域における他のコミュニティでの事業も認めないことを確認します。こうした水力発電事業は、グアテマラの他の地域において、川を破壊し、自然を破壊し、先住民族の移転を生み出し、聖地を破壊してきたからです。

そして、エル・ボルカン水力発電計画に対する水利権のキャンセル、カアボン及びランキンにおける水力発電計画の中止、国際労働機関の第169号条約に定められている協議の権利を尊重していない環境・社会影響評価の承認手続きの中止、そして第169号条約に基づく、拘束力を持つ、直接の対話及び協議の実施を要求しています。
 
(11月11日)091111%20AV%20Hidro.pdf091111 AV Hidro.pdf

関連記事Tres comunidades de Alta Verapaz, rechazan otra hidroeléctrica
http://www.prensalibre.com/pl/2009/noviembre/12/355460.html

|

« パナマ:ナソ民族のコミュニティで再び強制排除 | トップページ | パナマ:強制排除に、国連の先住民族の権利に関する特別報告者・ジェームズ・アナヤ氏が深刻な懸念を表明 »

グアテマラ」カテゴリの記事

ダム開発」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/46857002

この記事へのトラックバック一覧です: グアテマラ:ケクチ民族はエル・ボルカン水力発電を拒否する!:

« パナマ:ナソ民族のコミュニティで再び強制排除 | トップページ | パナマ:強制排除に、国連の先住民族の権利に関する特別報告者・ジェームズ・アナヤ氏が深刻な懸念を表明 »