« ご案内:チッタゴン丘陵和平協定を求める世界同時キャンペーン | トップページ | オイル・パーム・プランテーションは持続的にはなりえない »

2009/11/17

大串和雄氏講演会から:「民主化・内戦後の司法に課せられるもの」

2009年11月14日、立教大学ラテンアメリカ研究所の主催で「民主化・内戦後の司法に課せられるもの」という講演会が開催された。講師の大串和雄氏は、東京大学法学部教授であり、長年ペルーのフジモリ政権下における人権侵害の問題を訴えてきた。(資料2を参照のこと)
今回の報告会では、前半では「移行期の正義の歴史的展開」についての解説が行われた。ラテンアメリカにおける過去の事例、そして現在の平和構築という流れの中で、ラテンアメリカでは中心であった訴追という方向から、訴追ではない方向を探る流れが広がっているという。そこには状況の違い、脆弱な国家や、紛争が継続している状況などを踏まえる必要があるという指摘であった。(資料1など)
次に、ラテンアメリカにおける過去10年の訴追の進展について解説があった。ラテンアメリカでは強制失踪に対する時効の否定や(チリ・メキシコ・ペルー・ウルグアイ)、恩赦法の廃止・無効化(アルゼンチン、ペルー)などの動きが見られるとのことであった。ラテンアメリカではやはり訴追への強い意志が存在するということなのであろう。但しウルグアイでは最高裁が恩赦法を違憲とする一方で、10月26日に恩赦法を無効化する国民投票が僅差で敗れたとのことであった。
 最後にフジモリ裁判の動向に触れ、裁判では有罪判決が確定したものもあるとのことであり、特に重要な人権侵害事件である、バリオス・アルトス事件及びラ・カントゥタ事件に対しては既に禁固25年の有罪判決が下されており、現在上訴審に入っているとのことであった。(フジモリ政権下の人権侵害については資料2、最新のペルーの状況などは 資料4)

講演会で紹介された参考文献
1:大串和雄 「罰するべきか許すべきか-過去の人権侵害に向き合うラテンアメリカ諸国のジレンマ」<研究ノート>『社会科学ジャーナル』国際基督教大学 第40号 1999年2月
下記サイトから11月18日正午までダウンロード可能
http://www.rikkyo.ac.jp/research/laboratory/ILAS/koenkai_html/koenkai.html
2:「フジモリ元大統領に裁きを-ペルーにおける虐殺の被害者に正義を」現代人文社、2004年
3:大串和雄「ペルーにおける人権運動の考察」(一)、(二)『国家学会雑誌』第121巻第5・6号、第7・8号
4:飯島みどり:「《暴力の時代》の記憶は共有できるか――ペルーからの報告―― 」岩波書店、『世界』2009年8月号
5:プリシラ・B・ヘイナー
「語りえぬ真実-真実委員会の挑戦」平凡社、2006年

 資料購入は次のサイトからどうぞ
http://astore.amazon.co.jp/achikochicoco-22?_encoding=UTF8&node=9
上に挙げた参考文献以外の関連書籍も販売しています。

 まとめ 
 開発と権利のための行動センター
 青西靖夫

|

« ご案内:チッタゴン丘陵和平協定を求める世界同時キャンペーン | トップページ | オイル・パーム・プランテーションは持続的にはなりえない »

ペルー」カテゴリの記事

中南米」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/46785596

この記事へのトラックバック一覧です: 大串和雄氏講演会から:「民主化・内戦後の司法に課せられるもの」:

« ご案内:チッタゴン丘陵和平協定を求める世界同時キャンペーン | トップページ | オイル・パーム・プランテーションは持続的にはなりえない »