« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/10

グアテマラ:内戦時の強制失踪で軍高官に有罪判決

12月3日、グアテマラ軍の元大佐が内戦中の8人の強制失踪の責任で53年の禁固刑を宣告されました。これは軍の高官が人道に反する罪で有罪とされた最初のケースとのことです。
 事件は1981年10月19日にチキムラ県のエル・フテ(El Jute)村においてゲリラの協力者と見なされた8人が拘束、誘拐されたものです。この他、民間の元軍事委員他、3人が有罪とされました。更に、当時の国防大臣及び国家参謀本部長に対する調査も行われることとなりました。
 この判決に対して、グアテマラの人権団体は、非常に重要な成果であり、免責に対する闘いにおける重要な一歩であると評価しています。既に強制失踪に関しては、8月末にチマルテナンゴ県で元軍事委員が有罪とされるケースがありました。
 また人権組織では、この判決を受けて、被害者と加害者ともが生活をしているコミュニティにおいて被害者の家族や証人に危害が及ばないよう適切な対応を取る必要を関係当局に呼びかけています。
 
 この判決は、グアテマラにおける人道に反する罪への判決として2つめのケースとなりました。1996年に制定された和解法で、内戦期の政治的な犯罪が免責とされる中で、虐殺・拷問・強制失踪には免責が適用されないと定められていました。更に今年の7月7日の憲法裁判所の裁定において、強制失踪という犯罪の永続性を認める判断が出されました。このことが内戦期に行われた人道に対する罪に対しての裁判に道を開くこととなり、チマルテナンゴに続き、今回の有罪判決が下されることとなりました。

<参考資料>
Condenas por desapariciones en Guatemala
http://www.bbc.co.uk/mundo/america_latina/2009/12/091204_2201_condena_guatemala_irm.shtml
Condenan a militar a 53 años de prisión por desaparición forzada
http://www.prensalibre.com/pl/2009/diciembre/04/360515.html
LA CONDENA EN EL JUTE ES PRODUCTO DE LA DETERMINACIÓN DE LAS FAMILIAS
DE VÍCTIMAS DE DESAPARICIÓN FORZAD,ACOGUATE
El Caso de Choatalúm: Implicaciones de una sentencia por el delito de desaparción forzada
http://acoguate.blogspot.com/2009/10/el-logro-precedente-del-caso-de.html
Centro para la Acción Legal en Derechos Humanos - CALDH
CPRIMERA CONDENA POR DESAPRICIÓN FORZADA EN GUATEMALA 他
http://www.caldh.org/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パナマ:ナソ民族に対する米州人権委員会の勧告と政府の反応

  ナソ民族に対する米州人権委員会の勧告と政府の反応

 米州人権委員会(CIDH)は11月30日、パナマ政府に対して、ナソ民族の複数のリーダーの生命の保全及び、強制的な排除の継続を避け、またボカス・デル・トロにおけるナソ民族の自由な通行と安全を保障するための予防措置、また排除を受けた被害者への緊急の保健・住居の提供などを要請。[1]
一方、パナマ政府の先住民族政策局長ホセ・イサク・アコスタ氏は「米州人権委員会はナソ民族の状況を誇張している。我々はこの勧告について懸念している。しかし正式な回答を準備しているところである。なぜなら(CIDHは)今回の事件を誇張しており、このことは地域のナソ民族と非先住民の良好な理解に貢献することはないと考えているからである」とコメントしているとのことである。更に、「CIDHはナソ民族地域における本当の事情を知らないようであり、"広範な排除”も先住民族と民間企業との間の暴力も存在せず、常に生命と身体に対する尊重がなされているのだ」と語っているとのことである。[2]
ちなみにこの政府の先住民族政策局長は、国連の先住民族の権利に関する特別報告者の声明に対しても、政府の見解が考慮されていない、2ヶ月前にパナマの先住民族に関して見解を表明する前に、事前に先住民族政策局に問い合わせてもらいたいと頼んでいたのに、と不平を述べていたようである。[3]
パナマの先住民族にとって、国際機関の存在がきわめて重要なことがあらためて浮き彫りにされるニュースである。

 開発と権利のための行動センター
 青西

[1]MC 118/09 – Pueblo Indígena Naso de la Región Bocas del Toro, Panamá、CIDH
  http://www.cidh.oas.org/medidas/2009.sp.htm
[2]Acosta considera que la CIDH 'exagera' situación de naso
http://mensual.prensa.com/mensual/contenido/2009/12/09/uhora/local_2009120915425173.asp
Director de Política Indígena objeta a relator de la ONU
http://mensual.prensa.com/mensual/contenido/2009/11/27/uhora/local_2009112718113929.asp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/01

各会場の詳細です:「 戦時性暴力の被害者から 変革の主体へ」---グアテマラ先住民族女性の声を聞く--

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
女性人権活動奨励賞(やより賞)受賞プロジェクト
2009 The Yayori Award Recipient◇受賞記念スピーキング・ツアー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆◇◆◇◆    正義を求める女性たちの闘い
◇◆◇◆◇◆  
◆◇◆◇◆ 「 戦時性暴力の被害者から 変革の主体へ」
◇◆◇◆
◆◇◆   ---グアテマラ先住民族女性の声を聞く---
◇◆
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
開催都市   日時  会場  問合せ先
京都市 12月6日(日)14:00~16:30 京都アスニー(3階)
Tel:075-812-7222市バス「丸太町七本松・京都アスニー前下車」
資料代500円  
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/asny1/about/institution/honkan/honkan_map.html
            
神戸市 12月7日(月)16:00~17:30 
神戸市外国語大学208教室 無料
http://www.kobe-cufs.ac.jp/access.html

                  
札幌市 12月8日(火)18:30~ 札幌エルプラザ 環境研修室2 
JR札幌駅北口より徒歩5分   資料代500円
http://www.danjyo.sl-plaza.jp/information/index.html
Tel 011-593-0655 090-2056-0272(島崎)

横浜市 12月11日(金)10:30~ 
かながわ県民センター会議室403 横浜駅西口・きた西口を出て、徒歩5分
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/02/0051/center/access.html
http://www.we21japan.org/we-news/event/

東京都(港区) 12月12日(土)14:00~ 
人権ライブラリー 東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F
JR線浜松町駅南口改札から徒歩7分、都営三田線芝公園駅(A3出口から徒歩3分)、都営大江戸線・浅草線大門駅(A3出口から徒歩4分) 資料代500円
http://www.jinken.or.jp/houjingaiyou/access

東京都(新宿区) 12月13日(日)14:00~18:00 **贈呈式**
早稲田奉仕園 AVACO内チャペル 東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩5分
http://www.hoshien.or.jp/map/map.html
Tel 03-3780-5245(女性人権活動奨励事業<やより賞>事務局)
http://www.wfphr.org/yayori/topics/20091105.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »