« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/29

ハイチへの誇りと希望(ハイチ前首相 ミッシェル・ピエール・ルイ)

My Pride and Hope for Haiti(2010/1/25)
Michèle Pierre-Louis
Open Society Institute
http://www.soros.org/resources/articles_publications/articles/haiti-20100125

 ポルトープランス。まるで黙示録のようです。ハイチ政府の中心をなす、国立宮殿と省庁の建物は遺跡と化し、美しかった裁判所は崩壊しました。そしてどの建物も、どこまで行っても。
 地震から2週間が過ぎましたが、ポルト-プランスの住民は瓦礫の山の中で暮らしています。瓦礫の間にはいまだに死体が埋まっています。家が残っている者も、余震を恐れて道で眠っています。幸運な人はマットレスを持っているし、食料を持っていたら、外で調理しています。
 こうした通りのあちこちで、私は人々が祈りそして歌うのを耳にすることができます。そして人々が連帯する姿を。
 人々は怒っているのではなく、自分たちが何もなしに投げ出されていることに混乱しているです。多くを失った政府はトラウマ状態にあり、事務所が崩壊したことから、リーダーシップを提供できない状況です。
 膨大な国際支援が展開されつつありますが、まだ多くの人に届かずにいます。

 しかし私はポルトープランスに誇りが生まれつつあるのを感じます。自立への誇り。人々は、私たち自身が、私たちを掘り出さなくてはいけないんだと言います。文字通り・・・コミュニティ・リーダーは市民を組織し、安全を確保するために重要な役割を果たしつつあります。

 暴動のニュースは誇張されすぎています。ハイチでは、部分的にせよ、自分たちでどうにかできていることを証明しようとしているようです。もちろん援助は必要です。緊急援助と私たちの荒廃した国を前に進めるための計画が必要です。

 ハイチのための計画は、3段階に分けて進める必要があります。救助、復旧そして復興です。私たちは今、最初の段階の終わりにあります。まだ、国際的な援助により、最も必要としている人たちに食品、水、医療を提供する必要があります。

 第二段階のニーズも早急に対応していく必要があります。公共の情報システムを復旧し、人々に何をすべきで、何をするべきではないのかを伝えていく必要があります。例えば、どの水を飲むことは安全で、また建物の崩壊の危険から封鎖すべき道路はどれなのか、といったことをです。
 病気を避けるために、遺体を処理しなくてはなりません。また基本的なサービスを回復し、瓦礫を片付けなくてはなりません。
 同時に避難所の問題にも取り組まなくてはなりません。雨期がくる前に人々をテントに収容しなくてはなりません。私たちは避難所を設置できる場所を首都の外に見つけています。
 人々の移転が進めば、わずかにせよ、生計を支えるための方策が必要となります。ゴミ拾いに対して支払うと言ったような、現金収入のための労働プログラムが必要となります。
 巨大な岩盤カッターを船積みするかわりに、ハンマーで瓦礫を砕くハイチ人に給与を支払うために援助を利用することができます。

 第三段階は復興と開発です。過去の過ちを視野に入れて、新しく始める機会なのです。自分たちすら病に倒れそうな人たちからも含め、世界の隅々からのあふれ出る寛大さには驚かされています。しかし海外、そしてハイチのリーダーシップを結びつけることなしには、この援助も価値が下がってしまうことでしょう。
 地震の前に、首都は3百万の人口までふくれあがり、住民を支えきれない状況でした。ハイチは援助諸国とともに、市民が将来を夢見ることができるような、より公平な国への開発を視野に入れた長期の復興計画を検討しなくてはなりません。
 地域のコミュニティとともにドナーが果たすべき重要な役割は、人々の移転へのインセンティブとなるような雇用を提供することです。また成長のために隅々まで基本的インフラが必要です。ハイチの首都ではなく、他の港も必要です。また米国への近接を利用した製造業センターを設置することも必要です。

 私の家の廃墟を調べる中で、私は希望を持ちました。この国を以前のようにするのではなく、あるべき姿にこの国を作って行くべきだという思いを強くしています。(翻訳:青西靖夫)

Open Society InstituteもThe Fondation Connaissance et Liberté (FOKAL) とともに復興支援を行っており、その復興活動の代表にミッシェル・ピエール・ルイ氏は就任されたそうです。
http://www.soros.org/newsroom/news/haiti-crisis-20100115

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイチの前首相、ミッシェル・ピエール・ルイ氏へのインタビュー記事(翻訳)

 1993年に来日したこともある、ハイチ前首相へのインタビュー記事の翻訳です。


ハイチの前首相、ミッシェル・ピエール・ルイ氏へのインタビュー (2010/1/19)
Michèle Pierre-Louis : «Il faut qu'une entité commande»
フランス、フィガロ誌のサイトより
http://www.lefigaro.fr/international/2010/01/19/01003-20100119ARTFIG00329-michele-pierre-louis-il-faut-qu-une-entite-commande-.php
フィガロ-ハイチの国家の破綻の現状をどのように説明することができるのでしょうか?

ミッシェル・ピエール・ルイ
 今回の地震以前からの国家の脆弱さの問題があります。私が首相の時に4つのハリケーンがハイチを襲い、国の制度はがたがたになっていました。しかしその理由を問うならば、50年にわたる劣悪な統治と腐敗にさかのぼらなくてはなりません。農民の問題は解決されることもなく、またポルトープランスの周りには38ものスラム街が形成されています。不法に占拠された土地に詰め込まれるように住んでいる人々は非常に不安定な状態に置かれ、こうした人々に手がさしのべられることはなかったのである。

-米国は強い連帯の証を示していますが、ハイチがこうして信託統治下に置かれてしまうのではという懸念はありませんか?

 現実からみなくてはなりません。私も信託統治という言葉は他のハイチの人々と同じように好ましくは思いませんが、指揮していくなにがしかの実体が必要なのです。それはひとりでに生まれてくるわけではありません。
 再建は壮大な事業となるでしょう。もともと非常に従属した国であったわけですが、財務省も税務所も税関も存在しない中で、国庫にはもうお金は入ってこないわけです。6万5千人いた公務員にも支払うお金はありません。例えば国家の歳入の18%はガソリン税から入ってきたのです。
 米国は援助のために来ていますが、米国との歴史は本当に複雑なものです。私たちの独立から60年たって、やっと米国はハイチを承認したことを忘れることはできません。20世紀初頭にも占領があり、逆にアリスティド元大統領は2万5千の米国軍人とともに復権し・・・いずれにせよ、米国でなくともフランス、カナダの連合、あるいは欧州連合。

-国連は?
 私は国連にはその力はないと考えています。国連のハイチ・ミッションは地震で上層部を失ってしまいました。これは悲しいことですが、7千人の兵士は日々現場で活動しています。

-米国軍の展開は国内で受け入れられるのでしょうか?

 それは可能でしょう。外国人が下心を持ってやってくるのではなく、彼らは必要な手段を持っているからこそいるのです。そのことは理解されています。またハイチ人に相談しなければいけません。私は力の落ちている政党や市民組織ではなく、個人とです。多くの人がやる気を見せています。
 一方、右よりのグループもナショナリスト的な立場を取って、歴史を引き出して扇動してくるでしょう。あたかも自分たちだけでは解決できないかのように、外国の軍隊を前にしていつもさいなまれるのです。
 
-これまでのハイチへの援助が失敗してきたにも関わらず、今回は成功するのでしょうか?

 もう権力による揺さぶりはありません。1月12日を境に変わったのです。もう駄目だなどとは思いません。一部の政治権力者による支配はもう通用しません。危機によってもたらされた機会をつかみ取らなくてはなりません。2008のハリケーンの後は、それができず、狭量な政治家を封じ込めることができませんでした。今回、それができなければ、絶望的です。再建こそが優先課題なのです。

(翻訳:青西靖夫)
辞書を引きまくっていうるとはいえ、私のフランス語は10数年間使っていないので、怪しい点もあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/20

行動センターのプロジェクトが紹介されました

「かながわ民際協力基金」の助成金も受け、当会で実施しているグアテマラ東部、イサバル県におけるプロジェクトが神奈川国際交流財団のニュースレター「地球の風」で紹介されました。

 PDFでダウンロードできますので、是非お読みください。

 地球の風 NO.17 自立を目指した海外協力とは

http://www.k-i-a.or.jp/kokusai/ngo/kikin/chikyunokaze/index.html

 開発と権利のための行動センター

 代表理事 青西靖夫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アムネスティの声明(転載) ハイチ : 救援活動には人権の保護も伴うべき

アムネスティ・インターナショナルはハイチの状況に対して次のような声明を発表しています。

ハイチ : 救援活動には人権の保護も伴うべき

アムネスティ・インターナショナルは国連に対し、壊滅的な被害をもたらした12日の地震の被災者の人権と、特に弱い立場にある人びとを守るための対策を講じるよう勧告した。

アムネスティは、ハイチや世界各国で人命救助のための人道的活動やがれきの除去、そして基本的なサービスや崩壊した同国のインフラの再建のために尽力する国連と緊急支援や開発協力活動の従事者たちの迅速で勇気ある行動に対して敬意を表する。

加えて、震災の結果として孤児となった子どもたちの人権を尊重し、保護することにも特に留意する必要性を強調する。とりわけ少女たちは性的な虐待や暴力の対象となりやすい。

「無法地帯となったハイチの現状では、女性や子どもの脆弱さは増し、強かんや性的虐待のような犯罪が表面化せず罰せられることなく横行する危険性がある」とアムネスティ・インターナショナルのハイチ調査員へラルド・デュコは指摘する。「弱い立場にある人びとを性的な暴力から守ることは救助活動と同様に重要である」
(以下省略)
全文はこちら
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=743
2010年1月15日
AI Index: PRE01/007/2010
アムネスティ発表国際ニュース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/14

緊急援助の動向他:ハイチでの大地震(1/17続報)

国際赤十字が約9億2,000万円の支援を要請
http://www.jrc.or.jp/press/l3/Vcms3_00001453.html

毎日新聞東京社会事業団
ハイチ地震救援金を受け付けます。毎日新聞社と毎日新聞社会事業団は、ハイチで発生したマグニチュード7.0の地震の被災者救援金を受け付けます。
http://www.mainichi.co.jp/shakaijigyo/

国境なき医師団
ハイチ地震被災地におけるMSF緊急チームの援助活動
http://www.msf.or.jp/news/2010/01/2227.php

-世界の医療団

ハイチ大地震 世界の医療団は緊急支援を開始します
http://www.mdm.or.jp/news/news_detail.php?id=330

-アーユス 仏教国際協力ネットワーク
ハイチ大地震救援募金のお願い
http://www.ayus.org/act/subpage/09/haiti_aid.html

ハイチ友の会 ハイチ大地震について
http://friendsofhaiti.home.mindspring.com/j_new/index.html 

ADRA Japan(アドラ・ジャパン) ハイチ地震被災者支援緊急募金開始
http://blog.canpan.info/adrajapan/category_4/

ワールド・ビジョン ハイチ大地震の募金受付開始
http://www.worldvision.jp/news/news_0415.html

財団法人 日本フォスター・プラン協会
ハイチ大地震 緊急・復興支援にご協力をお願いします!
http://www.plan-japan.org/topics/100113hait-eq/index.html

「ハイチの会セスラ」”「ハイチへ募金を」 横浜の市民団体”(朝日新聞)
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000001001150005

イーココロ オンライン寄付サイト(複数団体)
http://www.ekokoro.jp/urgency/urg-6.html

その他海外
Open Society Institute Responds to Crisis in Haiti
http://www.soros.org/newsroom/news/haiti-crisis-20100115

CARITAS Haiti Earthquake Appeal
http://www.caritas.org/activities/emergencies/HaitiAppeal.html

http://blog.caritas.org/category/emergencies/haiti-quake/

クリントン財団Clinton Foundation
http://www.clintonfoundation.org/haitiearthquake/

Save the children
http://www.savethechildren.org/?WT.mc_id=1109_sp_logo
CARE
http://www.care.org/index.asp?
米国内の援助団体のリンク
http://www.sfgate.com/cgi-bin/blogs/abraham/detail?blogid=95&entry_id=55175

追記 17日 9:00 
CEDRAの情報(下に)

援助団体の情報などを紹介します。
ハイチにおける大地震被害に対する国際緊急援助(医療チーム・物資供与)
2009年01月16日
http://www.jica.go.jp/information/jdrt/2009/100116.html

-1月14日付 日本政府の対応
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/22/1/0114_01.htmlハイチの地震被害に対する支援
1. 500万ドルを上限とする緊急無償資金協力。国連児童基金(UNICEF)、国連世界食糧計画(WFP)等の国際機関と協力して実施。
2.3000万円相当の緊急援助物資(テント等)の供与を行います。
3. 医療分野での支援等を念頭に、現地での調査と調整を目的として、四宮信隆ハイチ大使(ドミニカ共和国に駐在)を団長とし、外務省、防衛省及び国際協力機構(JICA)から成る緊急調査チームを派遣。
-1月14日付 JICA ハイチにおける地震被害に対する国際緊急援助(内容は上に同じ)http://www.jica.go.jp/information/jdrt/2009/100114.html


Aid deliveries face logistical nightmares
http://edition.cnn.com/2010/WORLD/americas/01/14/haiti.aid/
-船舶から援助物資を荷下ろしできない
-空港は援助のための飛行機で渋滞
-道路事情で空港から援助物資を搬出できない
-現在米軍が管制を行っている。

Haiti relief effort faces logistical nightmare
-援助活動の展開に必要な重機を動かすにも、道路ががれきに埋まっている。
-空港はとりあえず使えるようであるが、航空管制が機能していない。
(注:援助物資を積んだ飛行機は到着し続けている)
-ハイチの空港では再給油ができない。
-隣国のドミニカ共和国からの陸路の移動も道路状況などがはっきりしない。
-船舶でドミニカ共和国から移送するにも港湾設備の状況がわからない。
-援助要員が滞在できる状況にあるのかどうかも不明。
-携帯電話での通信ができない。衛星電話の到着が待たれる。
http://www.alertnet.org/db/an_art/55076/2010/00/14-160332-1.htm

ハイチでは政府機関も地震で崩壊し、国連事務所も崩壊し、多数の生き埋めの職員が出ている状況である。既に援助物資の到着の遅れに対して、道路を封鎖するという暴挙にでた人々すらいるという。

もう米国が暫定的に統治するしかないのではないかという声も出ている。¿Quién está gobernando a Haití? Nadie, dice la gente
http://lta.reuters.com/article/domesticNews/idLTASIE60D1NA20100114?sp=true


ロイター(日本語)ハイチ地震被災者に企業から援助申し出相次ぐ、数億円に
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-13344820100114?sp=true
ハイチ大地震:支援団体によるオンライン寄付の呼びかけが活発に
http://www.asahi.com/digital/cnet/CNT201001140043.html

Caribbean Disaster Emergency Response Agency
HAITI EARTHQUAKE By CDEMA Saturday, 16 Jan, 2010


THE SITUATION:
Search and Rescue efforts are continuing but are reportedly hampered by inaccessibility to areas, lack of heavy duty equipment and limited fuel supplies. Communication on the ground remains very poor. All efforts are being made to restore communication as soon as possible.
ACCESSIBILITY:
Jamaica has offered the Norman Manley International Airport in Kingston as a staging area for the deployment of relief assistance to Haiti. The United States Federal Aviation Administration (FAA) has assumed responsibility for facilitating access by air. Entities proposing flights into Haiti are encouraged to make contact with the Director of Civil Aviation in Jamaica.
The airport in Haiti is open for daytime operations and at this time entry is restricted to military and humanitarian flights. No possibility of any over-flights due to very limited staffing.
There is no fuel available at Port au Prince Toussaint L'Ouverture International Airport (MPTT). Once (if) the ground stop is released, aircraft filed for MTPP should plan at least one hour of holding fuel and enough extra fuel to get to a secondary airport after departing MTPP without refueling.
The Port is currently non-operational.
Main urban roads in Port au Prince (including the airport road) are being cleared by MINUSTAH and the Brazilian battalion. The road from Jacmel to Port au Prince is passable for "all terrain" vehicles (i.e. 4WD).ツ The road from Santo Domingo to Port au Prince is becoming congested as much cargo is already moving.

7.0 HAITI EARTHQUAKE UPDATE #4 Jamaica is staging area for flights into Haiti (As at 9.00 PM, January 14, 2010)より抜粋
Hospitals and health facilities have been severely affected. Immediate health priorities include: treatment of people with major trauma injuries; preventing the infection of wounds; provision of clean water; sanitation; and ensuring breast-feeding is continued.

Communication options remain limited.

Accessibility
Only military and humanitarian flights are being allowed into Haiti at this time. The United States Federal Aviation Administration (FAA) is responsible for facilitating access by air.

Jamaica has offered the airport in Kingston as a staging area into Haiti. Entities proposing flights into Haiti are encouraged to make contact with the Director of Civil Aviation in Jamaica.

Both sea ports in Haiti have been damaged. There have been reports of extensive damage to roads.
http://www.cdera.org/cunews/sitrep/haiti/article_2431.php

以下 14日掲載分
Googleのニュースサイトでみると、国内でも続々と報道が続いているようです。
 ハイチの首相は死者は10万人にも達するのではないかと述べているとのこと。
国連の建物も崩壊し、多数の職員が生き埋めになっている。
 現地の道路や首都の政府機関なども地震で被害を受けているため、援助活動にも困難が予想される。
 日本赤十字社は職員を派遣するとともに、2千万円の支援を決定。さらに救援金を呼びかけている。 http://www.jrc.or.jp/
 14日5時半の時点では日本政府の対応は発表されていない。
 
 青西 

 以下 13日掲載分
ハイチでM7.0の強い地震=建物倒壊、多数の死傷者
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100113-00000030-jij-int
1月13日7時23分配信 時事通信
 【サンパウロ時事】米地質調査所によると、カリブ海のハイチで12日午後4時53分(日本時間13日午前6時53分)、マグニチュード(M)7.0の強い地震が起きた。さらにM5.9とM5.5の余震も相次いで発生した。
 現地からの報道では、ハイチの首都ポルトープランスのほか隣接するペチョンビルでも病院が崩壊するなど被害が大きく、多数の死傷者が出ているもようだ。
 AFP通信は、地震による揺れが1分以上続き、3階建てのビルが倒壊したと伝えた。パニック状態の市民が屋外に逃げ出したほか、崩壊現場では被災者の救出活動も行われているという。大統領宮殿も倒壊したとの情報がある。
 ロイター通信によれば、ポルトープランスでは地上の固定電話、携帯電話ともにつながらなくなっている。
 太平洋津波警報センターは、キューバやドミニカ共和国など近隣の広い地域に一時、津波警報を発出したが、その後解除した。日本の気象庁によると、この地震による日本への津波の影響はない。 

Yahoo News Haiti
http://news.yahoo.com/
http://news.yahoo.com/topics/haiti
(写真も見ることができる)
CNN http://www.cnn.com/

BBC-MUNDO Terremoto de 7,0 grados en Haití
http://www.bbc.co.uk/mundo/internacional/2010/01/100112_2231_terremoto_haiti_irm.shtml


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/13

エクアドル:アマゾンの森を守る取り組みは頓挫するのか

ニューインターナショナリストの2009年12月号が「アマゾンの森を石油開発から守る保証書とは」という記事を掲載している。
 http://www.ni-japan.com/report/onlineRep/topic428.htm
(特別にオンラインで公開されているレポートです。ほかにも興味深い記事があるので購入をお勧めする)

 これはエクアドル・アマゾンのヤスニ地区における石油開発を見送る代わりに、国際社会から基金の提供を受けて、保護区の維持、持続的な開発を実現していこうというアイディアであった。
 この提案に対して、すでにスペイン、ドイツ、ベルギーが資金提供を約束し、12月のコペンハーゲンの気候変動会議にて基金の設置について署名を行う計画となっていた。(1)

 しかしコレア大統領は、基金の管理に関して疑念を呈し、署名を先送り、さらに2010年1月9日に、「交渉は主権を侵害する恥ずべきものであり、ドナーが条件を押しつけようとしている」と発言。さらに、6月にはヤスニにおける石油開発を進めると発言しているという。(2)
 この発言に対して、1月11日に交渉の責任者であったロケ・セビージャが辞任(3)、続いて12日に外務大臣のファンデル・ファルコニが辞任。(4、5)すでに辞任していたヨランダ・カカバゼ委員(6)も含め、交渉役不在の事態となってしまった。

 基金の管理に関する取り決めがどのようなものであったのか詳細が把握できていない。コレア大統領の述べるように主権を侵害するようなものであったのか、あるいは石油開発会社の圧力が存在したのか。果たして石油開発の見送りと基金の設置という取り組みはこのまま頓挫してしまうのだろうか。

 青西

(1)La Iniciativa Yasuní se quedó sin equipo
http://ww1.elcomercio.com/noticiaEC.asp?id_noticia=328138&id_seccion=8
Falconí renunció por el ITT
http://ww1.elcomercio.com/noticiaEC.asp?id_noticia=328192&id_seccion=3
ほか
(2)BBC-Mundo  Se resquebraja el proyecto Yasuní
http://www.bbc.co.uk/mundo/ciencia_tecnologia/2010/01/100112_yasuni_proyecto_pea.shtml
Ecuador: Correa considera "vergonzosas" las condiciones del fideicomiso del proyecto ITT
http://www.infolatam.com/entrada/ecuador_correa_considera_vergonzosas_las-18322.html
(3)辞任したロケ・セビージャへのインタビュー 
http://www.ecuadorinmediato.com/Noticias/news_user_view/roque_sevilla_presidente_correa_ya_conformo_un_fideicomiso_para_iniciativa_yasuni_itt_audio--119679
(4)外務大臣辞任についての声明
http://www.mmrree.gov.ec/2010/com001.asp
(5)ヨランダ・カカバゼ委員はニューインターナショナリストのインタビューを受けているが、この騒動のさなか1月12日にWWF・インターナショナルの代表に就任。(昨年5月より決まっていたようであるが・・・)
http://www.panda.org/what_we_do/footprint/climate_carbon_energy/climate_deal/news/?uNewsID=185981
(6)その他 
憲法制定議会の元議長 アルベルト・アコスタ氏へのインタビュー(音声)
http://ww1.elcomercio.com/multimedia.asp?id_multimedia=4058

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »