« 最近のグアテマラのニュースなど | トップページ | アルゼンチンにてバイオ燃料混合の義務化が始まる »

2010/02/25

メキシコ:チアパス州で、環境保護区からの農民排除が続く

 メキシコ南部のチアパス州に位置するモンテス・アスーレス生物圏において、連邦政府とチアパス州政府による農民排除が続いている。

 州政府はこの事件について、上記生物圏に2003年の時点で43の<非正規集落>が存在しており、既に対話によって32が移転に合意し、4つが対話が尽きた後に、平和的に退去を受け入れ、7集落が執行を待っている状況との説明を行った。更に、州政府側は「主要な課題はモンテス・アスーレス生物圏の保全であり、保全政策は、世界的な論理を持っており、それをチアパスにおいても実現していくだけである」と述べるとともに、州知事は、セルバ・ラカンドナ地域において、森林伐採を止めるために、アフリカヤシの生産を進めることを目指していることに言及。また国家保護区委員会の地域担当官は、<非正規集落>の存在が生態系悪化の主因であるとしている。[1]

 しかし人権団体、環境団体はこうした農民の排除に強い抗議の姿勢を示している。チアパス州で活動する人権団体はこの強制排除に関して声明を発表し、人権侵害を告発している。声明文は次のように伝えている。[2]
1)1月21日にラグーナ・エル・ススピーロ(エル・セメンタル)のコミュニティに、複数(3-4機)のヘリコプターが飛来。ヘリコプターで60名ほどの警官が到着。強制的にマリア・コルテス・ペレスとマグダレーナ・ガルシア・コルテスをヘリコプターによって連行。事前の告知、文書の提示、説明もなされぬままに行われた。
2) 1月22日には、サパティスタ民族解放軍の支援コミュニティでもある、ラグーナ・サン・ペドロに4機のヘリコプターが飛来。250名ほどの警官が、連邦政府の命令であると言いつつ、子どもを含めた12名をヘリコプターに乗せるとパレンケまで連行。そこにて検察に連行され尋問を受けた。しかし弁護士も通訳も用意されなかった。更に、内容もわからないままに署名を強要された。

またこの事件について、サパティスタ民族解放軍の<よき政府評議会>は声明を発表し、ラグーナ・サン・ペドロのコミュニティにおいて、強制排除が行われ、家々が焼かれ、生活必需品や農具が失われたことを告発するとともに、「チアパスの先住民やメキシコ人から土地を奪う一方で、なぜ他の国からのエコツーリズムのために土地を使わなくてはならないのか」と訴えている。[3]

また地球の友-インターナショナル、地球の友-メキシコ、地球の友-南米・カリブは、この強制排除とつながるものとして、オイル・パームの植林計画に言及している。[4]
事件に先立つ1月12日、チアパス州議会はセルバ・ラカンドナ地域にパーム・オイルの精製工場を建設するための信託基金の設置に同意した。これはモンテス・アスーレスを含む、セルバ・ラカンドナ地域の周辺にオイル・パームのモノカルチャーを進める計画と結びついたものである。[5]そこで地球の友では、この計画に伴って土地からの排除が進んでいることに加え、バイオ燃料政策が温暖化対策として望ましくないことなども含め批判している。

 セルバ・ラカンドーナ、そしてモンテス・アスーレス生物圏の土地問題は、非常に複雑であり、土地問題の背景は十分には把握できていない。地域の住民間の土地問題もあり、ある住民グループから、エコツアー開発のための、<非正規集落>の排除を求める要請も出ていたとのことである。[6] 1972年に行われた大統領令による土地提供も問題の背景にあるようである。[7]
また3月6日、7日にはモンテス・アスーレス社会フォーラムが開催されるとのことであり、この地域の抱える課題について議論が行われるようである。[8]

 開発と権利のための行動センター
 青西

[1]Arduo trabajo de los tres niveles de gobierno en la defensa, protección y conservación de la Biósfera de Montes Azules(2010/01/26)
http://www.comunicacion.chiapas.gob.mx/documento.php?id=20100126055032
[2] Desplazamientos forzados en la reserva de Montes Azules(2010/02/04)
http://cencos.org/es/node/22599
[3] La Junta de Buen Gobierno de Garrucha denuncia represión y despojo en el poblado Laguna de San Pedro por parte del gobierno federal y estatal (2010/01/29)
http://enlacezapatista.ezln.org.mx/denunciasjbg/2894
[4] ALTO AL DESPOJO DE LAS TIERRAS Y TERRITORIOS DE LOS PUEBLOS EN LA SELVA LACANDONA, CHIAPAS, MEXICO
http://www.otrosmundoschiapas.org/docs/ati_lacandona.pdf
[5]Aprueba congreso fideicomiso para la selva lacandona(2010/01/13)
http://www.chiapashoy.com/notashoy/estado_html/2750.html
[6]Comunidad lacandona reclama desalojo en la selva
http://chacatorex.blogspot.com/2010/01/comunidad-lacandona-reclama-desalojo-en.html
[7]EL CASO DE LA RESERVA MONTES AZULES EN LA SELVA LACANDONA,
CHIS, UN EJEMPLO DEL REITERADO FRACASO DE LA POLÍTICA “CONSERVACIONISTA” DE LAS ÁREAS NATURALES EN MÉXICO.Y DE LOS
INTERESES CREADOS QUE SE ESCONDEN DETRÁS DE ELLO.
(APUNTE CUASI SINTÉTICO).(2003)
http://www.maderasdelpueblo.org.mx/pdf/montesazules.pdf
[8]Foro Social de los Montes Azules por la Defensa de Nuestros Derechos a la Vida y el Territorio
http://otrosmundoschiapas.org/index.php/resistencias/69-resistencias/614-foro-social-de-los-montes-azules-chiapas.html

*この地域のニュースが集約されているサイトとして次のものがある。
Noticias de la Selva Lacandona
Compilación informativa sobre la situación sociopolítica de la Selva Lacandona y seguimiento de las agresiones contra las comunidades campesinas.
http://noticiasdelacandonia.blogspot.com/

|

« 最近のグアテマラのニュースなど | トップページ | アルゼンチンにてバイオ燃料混合の義務化が始まる »

バイオ燃料」カテゴリの記事

中南米」カテゴリの記事

先住民族」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自然保護区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/47659846

この記事へのトラックバック一覧です: メキシコ:チアパス州で、環境保護区からの農民排除が続く:

« 最近のグアテマラのニュースなど | トップページ | アルゼンチンにてバイオ燃料混合の義務化が始まる »