« アフリカの水と大地を奪うバイオ燃料 | トップページ | 震災後のハイチの状況について »

2010/03/05

3/17&3/19&3/23 債務、貧困、気候変動~変革が進む南米エクアドルは 地球規模の課題にどう取り組むのか- ジュビリー・エクアドルのデルファ・マンティージャさんに聞く

債務、貧困、気候変動
変革が進む南米エクアドルは地球規模の課題にどう取り組むのか
ジュビリー・エクアドルのデルファ・マンティージャさんに聞く

日 時 3月17日(水)15:00~17:00 
会場:明治学院大学 白金校舎 本館4階 1404教室
http://www.meijigakuin.ac.jp/campus/shirokane/
*通訳有り。参加費無料
*事前申込み不要、どなたでもご参加いただけます。
主催:明治学院大学 国際平和研究所

日 時 3月19日(金)18:30~20:30
場 所 ニコラ・バレ修道院(JR四ッ谷駅麹町口すぐ)
    東京都千代田区六番町14-4
    麹町口エスカレーターを上がり道路を挟んだ左斜め前のビル
参加費 800円(通訳あります)
共 催 ATTAC Japan(首都圏)
    カトリック聖コロンバン会
    開発と権利のための行動センター
    日本ラテンアメリカ協力ネットワーク(RECOM)
    アジア太平洋資料センター(PARC)
    地球の子ども新聞
    ナマケモノ倶楽部
協 賛 日本カトリック正義と平和協議会
    スローウオーターカフェ
    ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
    現代企画室

連 絡 jubilee.ecuador.tokyo@gmail.com
チラシpdf版です。
20100319ecuador.pdf20100319ecuador.pdf

※院内集会もあります!
 3月19日(金)11:00~12:00
 衆議院第二議員会館第3会議室
 ※10:45から議員会館入り口で入場券をお渡しします

南米のエクアドル共和国では2007年1月に発足したラファエル・コレア政権のもと、さまざまま改革を進めてきました。マンタ米軍基地の継続使用の拒否、水や食料へのアクセスを基本的人権と定めた新憲法の制定、先住民を苦しめ環境を破壊してきたアマゾンにおける石油開発の中止、世界銀行・IMFを通じた「先進国」や多国籍企業による経済的支配からの離脱、従来の多国籍金融機関とは異なる地域発展と統合のための「南の銀行」への参加など、人口1300万の小さな国の人びとの挑戦は、地球の裏側の日本をはじめ世界各地で注目されています。

なかでも2008年12月にコレア大統領が発表した対外債務の一部支払い停止は、歴史的・政治的な結果として貧困を強制されてきた「途上国」と呼ばれる国の人々を勇気づけました。この債務の支払停止は、エクアドルに課せられた債務が、「貸し手」である豊な国や多国籍金融機関の都合で貸し付けられたり、借り手の側の国のごく一部の人(たとえば独裁者)にしか恩恵をもたらさかった融資によって作られた「不公正な債務」であるという政府の監査委員会の報告書に基づいたものです。「貸した以上に引き剥がす」という債務問題が解決されない限り、エクアドルをはじめとする世界の貧困問題は解決されません。

3月21日、22日に大阪で開かれる「おおさか社会フォーラム」のスピーカーの一人として来日するデルファ・マンティージャさんは、途上国債務の帳消しに取り組む「ジュビリー・エクアドル」で活動し、対外債務に影響を受けた農民への社会的補償や、「多様な民衆女性総会」のメンバーとして、ジェンダー的立場から女性の経済的権利の承認についての取り組みをされています。

改革を求めるエクアドルの人々の熱意に押し上げられ誕生したコレア政権ですが、アマゾン地域の先住民の権利の承認や経済改革の方向性をめぐり、社会的な緊張が広がっていることも伝えられています。債務・貧困、気候変動、環境破壊など地球規模の課題について、一進一退を繰り返しながら変革を進めてきた南米エクアドルで活動する社会運動はどう考え、いかに取り組んできたのか。変革へのヒントをつかむためのこの市民交流会にぜひ参加を。

●デルファ・マンティージャさんのプロフィール

26年間、社会運動に参加。教員や若者、女性、農民など、市民を結びつけるプロセスを支援し、社会的・文化的・環境に関する補償を求めるために権利の強化に取り組む。現在、対外債務に影響を受けた農民に対する「社会的補償」に取り組む。「異なる統合」というイニシアティブにおける「人権・民主主義・開発のためのインターアメリカン・プラットフォーム」のエクアドル代表。「多様な民衆女性総会」のメンバーとして、女性の経済的権利の承認のためにジェンダーの視点から政治的な取り組みを進めている。債務と権利のラテンアメリカネットワークのメンバー。

<関西>
3月21日・22日 :「おおさか社会フォーラム」
*おおさか社会フォーラム公式ブログ
http://osaka.socialforum.jp/
 なお、ジュビリー・エクアドル代表は、1日目の全体集会と2日目の「金融危機と脱グローバル化」「気候変動・生物多様性」の二つのワークショップでも報告される予定です)*に世界的に注目が集まっている国・南米エクアドルからNGOの代表が来日、参加されます。

(NGO「ジュビリー・エクアドル」代表による現地報告会)
  ■■小さな国エクアドルの大きな挑戦■■
☆貧困問題の根本的な解決に向け「不正な債務」の返済拒否を宣言した国エクアドル
☆地球温暖化防止のためアマゾンの石油開発を中止し、その補償を先進国に認め> させた国エクアドル
☆先進国の経済支配から脱するために、世界銀行・IMF(国際通貨基金)の代表を国外追放した国エクアドル
☆平和な地域をつくるため米軍基地を撤去した国エクアドル
☆新憲法で、水と食料へのアクセスを基本的人権として認め、マザーアース(地球の権利)を明記した国エクアドル
エクアドルのコレア政権は今、貧困・飢餓問題や地球環境問題の根本的な解決、先進国による軍事的・経済的支配からの自立をめざして斬新な政策を次々に取り入れ、果敢な挑戦を繰り広げています。この「小さな国エクアドルの大きな挑 戦 」について、エクアドルから来日されるNGOジュビリー・エクアドルの代表の方からお話をうかがいます。

日時:2010年3月23日(火)午後6時30分~9時30分
場所:ひと・まち交流館京都 3階 第5会議室(京阪「清水五条」下車、市バス
「河原町正面」下車) (アクセス)
http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
現地報告:デルファ・マンティーラさん
(債務・貧困問題の解決をめざすNGO「ジュビリー・エクアドル」代表)
参加費:500円
(あなたも一緒にこの報告会を作りませんか?共催・協力団体を募集中!)
呼びかけ団体:
 ジュビリー関西ネットワーク
 途上国との格差と貧困を考えるジュビリー滋賀
連絡先:muchitomi@hotmail.com(京都)
    njrbf977@ybb.ne.jp(滋賀)


|

« アフリカの水と大地を奪うバイオ燃料 | トップページ | 震災後のハイチの状況について »

エクアドル」カテゴリの記事

行動センターからのご案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/47731174

この記事へのトラックバック一覧です: 3/17&3/19&3/23 債務、貧困、気候変動~変革が進む南米エクアドルは 地球規模の課題にどう取り組むのか- ジュビリー・エクアドルのデルファ・マンティージャさんに聞く:

« アフリカの水と大地を奪うバイオ燃料 | トップページ | 震災後のハイチの状況について »