« グアテマラ:先住民族の権利確立を求める国連諸機関の勧告 | トップページ | 決定は覆される:アマゾン巨大水力発電所差し止め命令 »

2010/04/03

不透明なヤスニ-ITT・イニシアティブの行方

ご案内:ジュビリー関西のサイトに次のキャンペーンが掲載されています。

【国際署名】ヤスニを救え!-ヤスニを生き続けさせるために私たちを支援してください‏
 http://d.hatena.ne.jp/Jubilee_Kansai/20100409/1270806137

 エクアドルのアマゾン地域における石油メジャーシェブロンによる環境汚染とそれに対する訴訟プロセスを追った「CRUDE」が東京MXテレビで上映されます。
(4月16日&23日)
 http://www.matsumachi.com/

 青西
 
 

1月13日にこのブログに掲載した「エクアドル:アマゾンの森を守る取り組みは頓挫するのか」の続報です。
http://cade.cocolog-nifty.com/ao/cat20817967/index.html

 ここのところ、エクアドルのコレア大統領は石油採掘を放棄するのではなく、「プランB」に入るのではないかという報道が見受けられる。「利用したいと思っているわけではないが、エクアドル国民のために使う必要があれば、それを使っていく・・・ペトロ・アマゾナス社はこの点について調査を継続しており、ヤスニ-ITT・イニシアティブが失敗した場合には、ITTではなくヤスニ国立公園外のTTを利用していくことを考えている」と発言している。[1]
 ITTの三つの採掘区(イシピンゴ・ティプティニ・タンボコチャ)の採掘区のうち、ヤスニ国立公園にかからない二つの採掘区(ティプティニとタンボコチャ)から採掘を始める可能性を示唆しているのである。またイシピンゴについても、石油会社から保護区の境界の見直しの要請が出ているとのことである。[2]
また採掘にむけての環境ライセンスの手続きも進められているとのことである。[3]
 その一方で、4月にボリビアのコチャバンバで開催される気候変動に関する民衆会議[4]の場で、ヤスニ・プロジェクトの信託基金の立ち上げを実現したいという報道もなされている。[5] 更に先日は、総務副大臣の内藤正光氏のエクアドル訪問に際して、パティーニョ外務大臣は日本政府に対してヤスニ-ITT・イニシアティブへの協力を求めてもいる。[6]

 こうした状況を前に、このイニシアティブの発案者である元エネルギー・鉱業・石油大臣のアルベルト・アコスタ氏は「ヤスニ-ITT・イニシアティブの可能性も、問題もコレア大統領にある[2」」と述べているとのことであるが、まさにその通りという様相である。
「自分の計画は正しい・・・しかし支援しない国際社会が悪いのだ」、こういう論理で開発が進められていくのではないかと懸念される。本来はまずエクアドル憲法の理念だと思われるが・・・

 開発と権利のための行動センター
 青西

[1]El plan B de Rafael Correa
コレア大統領が3月6日にラジオで発言したようである。
http://www.amazoniaporlavida.org/es/Noticias/El-plan-B-de-Rafael-Correa.html
[2] Solicitud para cambio de coordenadas de ITT
http://www.hoy.com.ec/noticias-ecuador/carlos-pareja-pidio-cambiar-coordenadas-del-yasuni-400244.html
[3] La licencia ambiental para el ITT, en proceso
http://ww1.elcomercio.com/noticiaEC.asp?id_noticia=343688&id_seccion=8
Se pide licencia ambiental para campos del ITT
ティプティニとタンボコチャに関しても国立公園の境界変更を狙っているという見方もされている。
http://www.hoy.com.ec/noticias-ecuador/se-pide-licencia-ambiental-para-campos-del-itt-399944.html
ITT: Aguiñaga confirma avances en plan extractivo
http://www.hoy.com.ec/noticias-ecuador/itt-aguinaga-confirma-avances-en-plan-extractivo-400589.html#comment-70122
[4] Derechos de la Madre Tierra 4/19-4/22 
http://cmpcc.org/
[5]Ecuador desea concretar el fideicomiso de Yasuni
http://www.eltiempo.com.ec/noticias-cuenca/37511-ecuador-desea-concretar-el-fideicomiso-de-yasuna/
[6]Canciller solicita apoyo de Japon para proyecto Yasuni-ITT
http://www.elciudadano.gov.ec/index.php?option=com_content&view=article&id=11204:canciller-solicita-apoyo-de-japon-para-proyecto-yasuni-itt&catid=1:actualidad&Itemid=42
 ちなみに訪問した内藤氏のブログにはエクアドルでの地デジ日本方式採用の報告はあっても、ヤスニ-ITTイニシアティブについては一言も触れられていない。
http://www.mnaito.com/blog/ms.cgi?t=sketch&blogid=&ShowDiary_file=/nikki/1270103454

|

« グアテマラ:先住民族の権利確立を求める国連諸機関の勧告 | トップページ | 決定は覆される:アマゾン巨大水力発電所差し止め命令 »

エクアドル」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

鉱山開発」カテゴリの記事

コメント

資源開発=「環境破壊」=「悪」
という単純な発想そのものがおかしい。
資源の利用権はそれぞれの国家主権にあるわけで、それを批判するのは内政干渉。環境を破壊しないように利用する方法を考えればいい。CO2排出権市場と同じで、環境利権の権化だ。

投稿: ednakano | 2011/01/24 14:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/47981208

この記事へのトラックバック一覧です: 不透明なヤスニ-ITT・イニシアティブの行方:

« グアテマラ:先住民族の権利確立を求める国連諸機関の勧告 | トップページ | 決定は覆される:アマゾン巨大水力発電所差し止め命令 »