« グアテマラ:マルリン鉱山開発を巡る動き 米州人権委員会が操業停止を要求 | トップページ | 「責任を持って小農を破壊しようとする『責任ある農業投資原則』」 »

2010/05/27

アルゼンチン:多民族国家を求め行進

 5月20日、先住民族の大規模な行進は8日間かけて、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスに到着した。アルゼンチンの30以上の先住民族が国内各地から参集したのである。25日のアルゼンチンの独立200年祭の直前に、あらためて先住民族の存在とその声を国内外に強く伝えることとなった。
 
 12日に開始されたこの行進は、ネウケン・マプーチェ連盟やディアギータ民族連合、フォルモサ先住民族審議会、コヤマルカなどに組織されたものであり、「多民族国家を目指し、真実の道を」を合い言葉に首都を目指して行進を続けてきた。[1]

「200年祭を祝おうとしているが、この日は、アルゼンチン国の成立の前から存在する私たち民族にとって生命、文化、テリトリーに対する抑圧を意味するものである。通りに出て、私たちの存在を、国家に対して目に見えるものとして示さなければならない。国家は、この国が単一文化で民主的な国であるかのような幻想を維持し続けているのだ。」
「私たちはこの歴史的な行進を通じて、私たちの団結と連携を築く取り組みを、私たちの共通の敵に示していこう。私たちのテリトリーに石油や鉱物資源、森林、水を求めて侵略し、大豆の生産地を犯罪的に拡大してくる経済界に対して。」
「諦めや受動的な態度から訣別しなくてはならない。私たちは何千年という歴史と権利に支えられているのである。現在のシステムは、それ自体の矛盾から、不平等と不正義から生まれる暴力によって崩れつつある。私たちの母なる大地、パチャママ、ワフマプは、もうこれ以上の濫用と傷には耐えられない」[2]

「アルゼンチンは多民族・多文化であり、30以上の先住民族が存在し、その豊かな文化は、20以上の言語が存在や、何千年と続く自然との相互依存に基づく世界観などに現れている...私たちの知識・実践は、私たちの健康や生産、教育システムを維持し、倫理的、道徳的な原則に基づくアイデンティティを保持してきたのである。これは現在の暴力や消費、母なる大地の搾取に基づく社会に対するオータナティブになるものである。」
「しかし共和国としての200年間の間、私たちの文化的多様性は軽蔑され、見えないものとして、また恥ずべきものとして隠蔽されてきたのである。しかしこうした中でもアルゼンチンの先住民族は歴史的な記憶を守り、世界観を守るために努力してきた。」
「私たち先住民族は排除され、フォルクローレの祭りの時か、悲惨な病気の被害者としてしか公で伝えられることはなかった。しかし私たちはテリトリー、土地、自然資源に対する主権を持つ先住民族なのである。」[3]

先住民族は首都に結集した後、大統領府において、クリスティーナ・フェルナンデス大統領と会談を行い、多民族国家の創設を求める文書を手渡した。[2]
先住民族は、テリトリーの回復、テリトリーと生活を保全するための協議と同意の権利を定めた法律の整備、先住民族コミュニティのテリトリーの登記手続き、先住民族言語の公用語としての承認、通文化教育、先住民族の自治的な教育機関の設置、10月12日の祝日廃止、大豆生産の拡大やそれによる森林破壊の停止、鉱業法の廃止などを求めている。

[1] 写真はこのサイトに多く含まれています。
  http://confederacionmapuce.com.ar/index.php?option=com_content&view=article&id=186:fotogaleria-marcha-nacional-de-los-pueblos-originarios
[2]
MARCHA DE LAS NACIONES ORIGINARIAS A PLAZA DE MAYO
http://uniondiaguita.blogspot.com/2010/05/marcha-de-las-naciones-originarias.html
[3] "Caminando por la Verdad, hacia un Estado Plurinacional"
Pacto del Estado con los Pueblos Originarios para la creación de un Estado Plurinacional
http://www.azkintuwe.org/may147.htm


アルゼンチンの先住民族は現在でも土地から追われ続けている。大豆生産の拡大やインフラ整備など様々な形で土地を追われ、権利を侵害されているのである。


 最近の報告書では次のようなものがある。
New report launched on soy expansion in Northwest Argentina
"Soy and Agribusiness Expansion in Northwest Argentina"
http://lasojamata.iskra.net/en/node/398 (英語)
Expansión de los agronegocios en el Noroeste argentino(スペイン語)
http://www.chayar.com.ar/index.php?option=com_content&view=article&id=82:expansion-de-los-agronegocios-en-el-noroeste-argentino&catid=59:investigaciones-periodisticas&Itemid=112

Amnistía Internacional presentó su informe sobre las violaciones a los derechos humanos de pueblos indígenas en la Argentina
http://www.amnesty.org.ar/destacamos/amnistia-internacional-presentara-su-informe-sobre-las-violaciones-los-ddhh2

 開発と権利のための行動センター
 青西
 

|

« グアテマラ:マルリン鉱山開発を巡る動き 米州人権委員会が操業停止を要求 | トップページ | 「責任を持って小農を破壊しようとする『責任ある農業投資原則』」 »

アルゼンチン」カテゴリの記事

先住民族」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/48471107

この記事へのトラックバック一覧です: アルゼンチン:多民族国家を求め行進:

« グアテマラ:マルリン鉱山開発を巡る動き 米州人権委員会が操業停止を要求 | トップページ | 「責任を持って小農を破壊しようとする『責任ある農業投資原則』」 »