« ペルー:先住民族との協議に関する法は公布されず | トップページ | ペルー:ブラジルとのエネルギー協定に反発 »

2010/06/27

グアテマラ:マルリン鉱山の操業停止は実現するのか?

 グアテマラ政府は6月23日、米州人権委員会の勧告に従って、サン・マルコス県のマルリン鉱山の操業停止を決定。またコミュニティ成員の安全の保証するための必要な措置を講ずるとのこと。しかし鉱業開発による水質汚染、健康被害などに関しては、被害は認定できないと表明。[1]
 また25日の副大統領の記者会見では、操業停止までの法的な手続きを踏んでいると3ヶ月はかかるであろうと発言。[2]政府側が健康被害などを否定していることと7月にCIDHの調査団が派遣される予定であることを考えると、CIDHの調査結果を見て実際の動きを決めるつもりではないかと思われる。
 
[1]Gobierno de Guatemala suspende actividades de mina Marlin
 http://www.guatemala.gob.gt/noticia4.php?codigo=8421&titulo2=Nacionales
[2]Gobierno dice que cierre de mina podría demorarse tres meses http://www.prensalibre.com/noticias/politica/Cierre-canadiense-tardara-Gobierno-Guatemala_0_286771571.html


追記:ブログ記事「グアテマラ:先住民族の権利に関する特別報告者、新たな鉱業ライセンスの認可停止を求める」に、「グアテマラ訪問に関する暫定報告書」からのまとめを追記しました。

http://cade.cocolog-nifty.com/ao/2010/06/post-8b04.html

|

« ペルー:先住民族との協議に関する法は公布されず | トップページ | ペルー:ブラジルとのエネルギー協定に反発 »

グアテマラ」カテゴリの記事

鉱山開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/48732005

この記事へのトラックバック一覧です: グアテマラ:マルリン鉱山の操業停止は実現するのか?:

« ペルー:先住民族との協議に関する法は公布されず | トップページ | ペルー:ブラジルとのエネルギー協定に反発 »