« エクアドル:ヤスニ-ITTイニシアティブが実現に向けて一歩を踏み出す | トップページ | コロンビア:オイル・パーム農園との土地紛争 »

2010/08/20

社会的責任の取らせ方:コロンビアのパームオイルとボディショップ

 2009年11月27日のブログの記事、「パームオイルでつながっているコロンビアでの農民排除と日本」[1]にリアリゼというサイトを運営されている三沢氏からコメントを頂きました。
 ブログの記事で取り上げていたコロンビアにおけるオイル・パーム農園における土地問題についてボディ・ショップとクリスチャン・エイドによる独立委員会による調査報告書が公表されたというコメントでした。[2]
 コメントを頂いた後、報告書に目を通し、ボディ・ショップやダーボン社のサイトを確認してみました。
 日本語のサイトではボディ・ショップに関しても、ダーボン社に関してもコロンビアのラス・パバスにおける土地紛争について言及しているサイトを見つけることはできません。しかしながらボディ・ショップの英語サイトでは7月30日付けで社の見解を掲載しています。[3]またダーボン社のヨーロッパ・サイトでも報告書とともに、その見解を公表しています。[4]
 ボディ・ショップとダーボン社という二つの企業にとって、コロンビアのラス・パバスにおける土地紛争は、日本においては積極的な対応が必要な事件とはならなかったのです。
 「企業の社会的責任」ということが言われますが、一番重要なことはメディアや市民社会からの監視の力があるかどうかだと思います。生産者との結びつきを持ち、その声を日本国内で発信し、より公正な取引を実現するために圧力をかける力があるかどうか。
「責任の取らせ方」を決めていく力を持つことが重要だとあらためて感じました。

 開発と権利のための行動センター
 青西

 参考:ラス・パバス事件への対応

<ボディショップ>

 ボディショップは2007年以来ダーボン社と取引はしているものの、ラス・パバスの土地紛争に直接関係し、ダーボン社も参加しているコンソルシオ・ラブラドールとは直接取引もなく、当該地域から原材料を仕入れたこともないとしています。

 その上で、コンソルシオは土地取引に問題がなかったという態度を維持しているが、「報告書によると、農民がそれらの土地の一部を利用していた」と明記し、「コミュニティの将来が最も重要な関心事であり、ダーボン社に対して報告書の結論に基づいて、建設的な対話を開始することを要請している」[3]

<ダーボン社/ヨーロッパ・サイト>

 ダーボン社の子会社であるCI テケンダマが参画するコンソルシオ・ラブラドールの関係で発生した土地問題について、「ダーボン社はこの問題を真剣に受け止めており、解決のためにすべてのステークホルダーと働いている。私たちは法的な手続きとともに、倫理的・社会的な手続きを尊重している」[4]

 また7月28日付けで、報告書に関連して「すべてのステークホルダーに」という文書を英語でのみサイトに掲載している。この文書がスペイン語で、国内向けに公表されているのかどうか現時点では定かではない。土地紛争の当事者であり、最も重要なステークホルダーであるコロンビアの農民や農民組織に目が向いているのだろうか。その文書内で、「 事前の自由なインフォームド・コンセント原則」について言及している。

「報告書を支持するとともに、当該地域の社会・政治・経済的な現実をバランスよく描き出し、かつこの地域におけるオイル・パーム開発を考えた場合に、企業や政府に重要な課題に焦点を当てている。しかしながら、コミュニティが貧困から抜け出すための方策については不十分である。<私たちが誠意を持って取り組んできた包括的かつ持続的なアジェンダと相反するような深い社会的な差異に気付かされることとなった>...双方に間違いがあった...この件を踏まえ、持続性に向けて自発的なコミットメントとイニシアティブを進める。」[5]


[1]「パームオイルでつながっているコロンビアでの農民排除と日本」
http://cade.cocolog-nifty.com/ao/2009/11/post-bf59.html
[2]レアリゼのサイトにおける記事はこちら
Las Pavas事件に関する、クリスチャンエイドとザ・ボディショップの調査報告(パーム油関連)
http://www.realiser.org/wordpress/?p=808
[3]How do we make sure that our products are responsibly sourced?
http://www.thebodyshop.com/_en/_ww/values-campaigns/community-trade.aspx?
[4]LAS PAVAS DISPUTE
http://www.daabon.com/pavas/ 
[5]To all Stakeholders;
http://www.daabon.com/pavas/pdf/Stakeholder%20Letter-Pavas%20Report.pdf

|

« エクアドル:ヤスニ-ITTイニシアティブが実現に向けて一歩を踏み出す | トップページ | コロンビア:オイル・パーム農園との土地紛争 »

コロンビア」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

食糧・農業・大豆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/49199442

この記事へのトラックバック一覧です: 社会的責任の取らせ方:コロンビアのパームオイルとボディショップ:

« エクアドル:ヤスニ-ITTイニシアティブが実現に向けて一歩を踏み出す | トップページ | コロンビア:オイル・パーム農園との土地紛争 »