« ペルー:日本企業も権益を有するペルーアマゾンにおける石油開発に反発の声 | トップページ | エクアドルの先住民族の権利状況 »

2010/09/13

ペルー:石油企業に対してテリトリーの尊重を求めるアマゾンの先住民族

AIDESEPに参加しているORKIWAM(La Organización Kichwaruna Wangurina del Alto Napo)はアンゴテロスのモンテリコにおいて、先住民族長老、リーダー、教員などが参加して開催した会議において、先住民族のテリトリーに、協議なしに、石油企業や不正規の鉱業開発者、違法伐採者などが現れていることに対して、関係諸機関に対して次のような声明を発表する。

1. 我々はロレト県の北東、マイナス郡のナポとトレス・カウサナに位置する、キチュワ民族に属するアルト・ナポ地方の32の共同体とセコヤ民族に属する一つの共同体の住民である。我々のコミュニティの大半はキチュワ後を話し、伝統的な習慣と歴史、独自のテリトリーを有している。我々が持つものはすべて先祖から引き継いだものであり、またペルー国憲法、ILO169号条約、国連の先住民族権利宣言などにある先住民族としての権利についても知っている。

2. アルト・ナポ地方で35年にわたって進められている二言語・通文化教育に対して、我々は当初から協力をしてきたことを誇りに思っている。これは我々の組織の成果である。我々はペルー・アマゾン地域における教育開発に貢献してきたのであり、これは今日、二言語・通文化教育と呼ばれるもののモデルでもある。

3. 我々の権利、キチュワ民族(nación indígena kichwa)としての権利が尊重されていないことを憂慮している。我々のテリトリーに、違法伐採業者や、不正規の小規模鉱物採掘者の存在が増え、更には石油開発業者までが現れたことを憂慮している。彼らは我々に対して事前の協議をすることなく、この流域に現れたのである。我々の生活は脅かされ、愚弄されている。政府は、我々の共同体に情報を提供することもなく、テリトリーにおけるコンセッションを認可するなど、我々のことは考慮されていないのである。

4. 前項の点について、我々から明らかにしておく点がある。我々は「開発」への障害ではなく、開発に関して、我々の独自の優先度に基づく形で参加が保証されることを求めているのである。

5. 我々が取り組んできた努力を改めて認めるとともに、我々は国境地域にいることから、忘れ去られてきたということを認識している。歴史を振り返るならば、ゴム・ブームの際に引き起こされた末路を繰り返すわけにはいかない。コリエンテス川とパスタサの仲間たちが今被っている被害を(注:石油による河川汚染)、我々は受け入れることはできない。我々の生命の中心であるナポ川が再び石油流出で汚染されることを避けたいのである。エクアドルのキチュワの仲間たち、また少し前にマラニョン川で我々の仲間たちが被った石油被害を避けたいのである。

6. 我々、すべてのペルー人は、環境を守るために取り組んできたのである。紛争を望んではいない。我々は対話を求めているのである。政府が、我々、利害害関係者の参加の上で、開発のための責任を果たすことを求めているのである。先住民族としての権利を擁護し、我々の統合性を保障するために、協調の上で、統合的な取り組みを進めることを求めているのである。

7. 自由で、事前の情報に基づく、誠実な協議に対する権利:既に議会で承認されたこの法律に対して、共和国大統領が署名をすることを求める。この協議への権利は、アマゾンの人々との対話のためには不可欠のものである。国家の利益と、投資家の権利、そしてとりわけ我々の利益を調和させるために必要なものである。我々は引き起こされるかもしれない紛争を避けたいと願っているのである。
 我々には提案する権利がある。キチュワ民族として、我々には開発プロセスにおいて、独自の優先度を決める権利があり、我々には、独自の、経済的、社会的、文化的開発についてのコントロールを実施する権利がある。(2010.9.11)

訳:青西
Pueblo Secoya y Kichwa demandan respeto a sus territorios
http://www.aidesep.org.pe/index.php?codnota=1640 

開発と権利のための行動センターの
関連記事
ペルー:石油開発に脅かされる南米アマゾンの先住民族と自然
http://cade.cocolog-nifty.com/ao/2010/08/post-b765.html


http://es.wikipedia.org/wiki/Archivo:Location_of_the_province_Maynas_in_Loreto.svg
Maynas郡はこの赤いところである。



http://www.telecentros.pe/napo/ubicacion.shtml
Tres Causana は西の空色の部分
Napoはベージュの部分

|

« ペルー:日本企業も権益を有するペルーアマゾンにおける石油開発に反発の声 | トップページ | エクアドルの先住民族の権利状況 »

ペルー」カテゴリの記事

先住民族」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

鉱山開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/49435329

この記事へのトラックバック一覧です: ペルー:石油企業に対してテリトリーの尊重を求めるアマゾンの先住民族:

« ペルー:日本企業も権益を有するペルーアマゾンにおける石油開発に反発の声 | トップページ | エクアドルの先住民族の権利状況 »