« 11/26 COP10報告会「生物多様性と先住民族」 | トップページ | 生物多様性の破壊に対して、市場を利用した解決策を認めない! »

2010/11/24

COP10報告会情報

メーリングリストを通じて様々な方からCOP10の報告会情報をいただいております。
一挙紹介します。参加費等すべての情報を掲載してはいませんので、詳細はそれぞれのサイトで確認ください。

<東京>
11/25 18:00 生物多様性と開発・人権~NGO連携の課題と今後の取組み
   主催:JANIC 会場 早稲田奉仕園
   http://www.cbdnet.jp/archives/3887/

11/26 18:30  COP10報告会「生物多様性と先住民族」
   主催 先住民族の10年市民連絡会
      明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
      COP10先住民族ニュース取材班
   会場 アイヌ文化交流センター(八重洲口)
   参加費 500円
   http://cade.cocolog-nifty.com/ao/2010/11/1126cop10-9882.html
  
11/29 19:00 遺伝資源へのアクセスと利益配分(ABS)
    に関する名古屋議定書とその課題
   主催:A SEED JAPAN
   会場:東京ウィメンズプラザ(国連大学隣)
   http://www.aseed.org/abs/abs_2010_11_29COP10follow_houkoku.html 

11/29 18:30 COP10でのTEEBーDAY報告会
   共催:生物多様性条約市民ネットワーク、IUCN日本委員会、
      世界銀行東京事務所
   会場:世界銀行情報センター1F(PIC東京)
http://www.cbdnet.jp/wp-content/uploads/5683f686954e8bd95ac993ef013f1ccb1.pdf

<東京外 諸県>
11/27 「COP10と生物多様性交流フェア展示の報告から、四国のこれからを考える」
日 時:平成22年11月27日(土)13:00~16:30
会 場:高松市生涯学習センター「まなびCAN」大研修室
高松市片原町11-1 ℡:087-811-6222
http://4epo.jp/modules/eguide/event.php?eid=1583
問い:四国環境パートナーシップオフィス
担当:松本、黒河、八束
香川県高松市寿町2-1-1 高松第一生命ビル新館3F
TEL:087-816-2232 FAX:087-823-5675
Mail:4epo@4epo.jp


11/29 「生物多様性条約COP10で、何が話し合われ、何が決まったのか?」
    鹿児島大学海洋センターセミナー
日時:平成22年11月29日(月)18時半頃から20時半
http://www.japanhotspot.net/connect/events/000636.html
場所:鹿児島大学水産学部大会議室(1号館の2階)
※ 鹿児島市下荒田4-50-20
  電話099-286-4111(学部代表電話)
http://www.fish.kagoshima-u.ac.jp/fish/admin/map.html
Mail:i_eco2@yahoo.co.jp 

12/2 「COP10報告会in大阪」
主催: 財団法人公害地域再生センター(愛称:あおぞら財団)
日時:平成22年12月2日(木)18時半頃から20時半
http://aozorabsw.exblog.jp/13656635/
場所: あおぞらビル F3会議室
  大阪市西淀川区千舟1丁目1番1号
  (Tel) 06-6475-8885 (Fax) 06-6478-5885 
アクセス:JR東西線御幣島駅地下道⑪番出口すぐ
http://www.aozora.or.jp/access.html
Mail:webmaster@aozora.or.jp

|

« 11/26 COP10報告会「生物多様性と先住民族」 | トップページ | 生物多様性の破壊に対して、市場を利用した解決策を認めない! »

環境」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

行動センターからのご案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/50117107

この記事へのトラックバック一覧です: COP10報告会情報:

« 11/26 COP10報告会「生物多様性と先住民族」 | トップページ | 生物多様性の破壊に対して、市場を利用した解決策を認めない! »