« グアテマラ:イサバル県リオ・デュルセでNGO関係者や教員が殺害される | トップページ | パナマ:鉱業法を巡る抗議行動 »

2011/02/16

2月18日、22日 コロンビアの先住民族の映画上映他

 コロンビアの情報2題

A:映画上映とラウンジトーク:恵比寿映像祭にて
映画の上映時間はこちら
http://www.yebizo.com/#pg_screen7
2011.02.18 fri 16:00-18:00
2011.02.22 tue 19:00-21:00
シネミンガの二人のラウンジトークは
2011.02.22 tue 16:30-18:00 
http://www.yebizo.com/#pg_talk9

1. 「キンティン・ラメ その智慧のルーツ」
 (34分、ナサ語&スペイン語/日本語字幕版)
この作品は、20世紀に活躍した先住民指導者マニュエル・キンティン・ラメ(南米コロンビア・カウカ県出身)の精神性を描いたものである。
作品には、ナサ民族の伝統的な死者への儀式「チャプッツ」なども織り込まれている。 キンティン・ラメ役を演じたのは、ナサ民族のテワラ(メディスンマン)、ピオ・オテカ。
リサーチから撮影・編集まで、 現地の先住民族を中心に、シネミンガのスタッフが総力をあげて制作した作品。

2. 「少年の夢」 (30分(*予定)、ナサ語/日本語字幕版)

世界各国の先住民族の子ども達を主人公にした短編シリーズの第1章。舞台はコロンビア南西部、アンデス山脈のティエラデントロで暮らすナサ民族のストーリー。 脚本は、地域の人と恊働で作り、固有の世界観や言葉など、独自の文化を反映させている。
500年ぶりに目覚めた活火山。物語は、少年が見た「火山の目覚めを予告する夢」で始まる。「夢」に対する先入観に疑問を投じ、夢と自然との相互作用を描く。

<シネミンガ>
シネミンガとは、デジタル映像表現を通して、世界中の様々な人々が繋がった協同体。伝統文化の振興を目的に、コミュニティで行われる様々なメディア制作のサポート・ワークショップの提供・(市民の目線に立った)教育的な映像制作を行う。2009年に南米コロンビア、2010年にニューヨークでNPO法人となる。


B: 【コロンビア  復権を求めて立ち上がる「先住民族」/ 柴田大輔】
アジア・プレスネットワークのサイトに柴田大輔さんが連載中!
http://www.asiapress.org/apn/archives/2011/01/19192653.php 

情報紹介
青西

|

« グアテマラ:イサバル県リオ・デュルセでNGO関係者や教員が殺害される | トップページ | パナマ:鉱業法を巡る抗議行動 »

コロンビア」カテゴリの記事

行動センターからのご案内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/50886526

この記事へのトラックバック一覧です: 2月18日、22日 コロンビアの先住民族の映画上映他:

« グアテマラ:イサバル県リオ・デュルセでNGO関係者や教員が殺害される | トップページ | パナマ:鉱業法を巡る抗議行動 »