« エクアドル:アマゾンにおける石油開発による汚染被害に巨額賠償 | トップページ | 2月18日、22日 コロンビアの先住民族の映画上映他 »

2011/02/16

グアテマラ:イサバル県リオ・デュルセでNGO関係者や教員が殺害される

グアテマラ:イサバル県リオ・デュルセでNGOの関係者や教員を殺害

開発と権利のための行動センターが現地での活動を行ってきたイサバル県のリオ・デュルセにおいて、当会でも住民組織間の連携強化の一環でともに協力してきたアク・テナミ (Asociación Ak´ Tenamit)のメンバーが殺害されました。

 現地からの声明文、WEBの情報などによりますと、2月12日、アク・テナミのメンバーが自宅のあるケブラーダ・セカ・コミュニティにボートで戻ろうとしていたところを殺害されたとのことです。
 殺害されたカタリーナ・ムク・マスはアク・テナミの理事メンバー、アルベルト・コック・カアアルはアク・テナミの有する学校の卒業生、またケブラーダ・セカの教員も同時に殺害されました。(PLの記事によるとそれぞれ23歳、25歳、28歳ということです)

 これまで若者に対する教育や保健の向上、エンパワーメントに取り組んできたアク・テナミは真相究明を求めています。

Que la justicia se haga presente: Asociacion Ak’ Tenamit (2011/2/14)
http://noticiascomunicarte.blogspot.com/2011/02/que-la-justicia-se-haga-presente.html
アク・テナミのサイト
http://www.aktenamit.org/index.php
Matan a tres maestros en Puerto Barrios
http://www.prensalibre.com/noticias/Matan-maestros-Puerto-Barrios_0_427757264.html
 またCONIC及びEncuentro Campesinoの声明文によりますと、日曜日に銃弾で穴が開き、血痕のついたボートが見つかり、月曜日になって遺体が発見されたとのことです。
このコミュニティは数ヶ月前より、コミュニティの土地を奪い、犯罪行為を行っていた者たちに脅迫を受けていたということで、15日前にも首都まで行って状況を告発し、保護を求めていたといいます。

GUATEMALA: MASACRE PERPETRADA POR FINQUEROS DE LA REGIÓN DE RIO DULCE  
http://noticiascomunicarte.blogspot.com/2011/02/guatemala-masacre-perpetrada-por.html
及びCONICの声明文
 
 ケブラーダ・セカでは数年前、土地への権利を守るために立ち上がっていたコミュニティのリーダーが逮捕され、いまだ収監されています。そのときには膨大な数の警察が動員されていたことを、そしてまた、先日お伝えしたアルタ・ベラパス県での事件の話などを思い浮かべると、どうして政府は地域の人々を守るためには手を打てないのかと、あらためて考えさせられます。

 開発と権利のための行動センター 
 青西

|

« エクアドル:アマゾンにおける石油開発による汚染被害に巨額賠償 | トップページ | 2月18日、22日 コロンビアの先住民族の映画上映他 »

グアテマラ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/50885777

この記事へのトラックバック一覧です: グアテマラ:イサバル県リオ・デュルセでNGO関係者や教員が殺害される:

« エクアドル:アマゾンにおける石油開発による汚染被害に巨額賠償 | トップページ | 2月18日、22日 コロンビアの先住民族の映画上映他 »