« 2月18日、22日 コロンビアの先住民族の映画上映他 | トップページ | ペルー:国連は先住民族の権利のために »

2011/02/16

パナマ:鉱業法を巡る抗議行動

パナマでは2月15日、各地で新鉱業法(鉱物資源法)を巡る抗議行動が行われました。これまでのところ大きな衝突等のニュースはありません。[1]
先住民族の権利に関する国連特別報告者であるジェームズ・アナヤ氏は、デモに参加する人々の安全を保障するようにパナマ政府に要請するとともに、鉱業法の改定に関係する今回の状況に対して、平和的かつ根本的な問題解決のために、先住民族との誠実なる協議プロセスを早急に開始することの重要性を指摘しました。

パナマの先住民族が危機感を強める背景を示す情報として次の記事があります。この記事にはノベ・ブグレ先住民族自治区が鉱業開発コンセッションとその要請でずたずたにされている図が示されています。[3]

また今回の鉱業法の改定の背景には韓国との関係があります。韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は、鉱業法の成立早々歓迎の意を表明しました。[4]そもそもこの鉱業法の改定は、外国政府の投資を可能とするよう、韓国政府の要請を受け入れて進められたという背景があります。

先住民族、環境団体、学生など広範な層から批判を受けている新しい鉱業法を巡る対立は続くものと思われます。マルティネリ政権が平和的な解決策を探り、法の執行を停止して、各界と誠実な議論を進めることが重要だと考えます。

開発と権利のための行動センター
青西


[1]Panamá, en medio de piquetes y cierres de calles  他 http://www.prensa.com/
写真http://mensual.prensa.com/mensual/contenido/2011/02/15/uhora/fotos/protestas-mineras/index.html
[2]Panamá: experto de la ONU llama al diálogo ante protestas indígenas contra la reforma de la ley minera
http://unsr.jamesanaya.org/statements/panama-experto-de-la-onu-llama-al-dialogo-ante-protestas-indigenas-contra-la-reforma-de-la-ley-minera
[3]
BOMBA DE TIEMPO – MIREN ESTA BARBARIDAD PLANIFICADA PARA LA COMARCA NGÖBE BUGLÉ...
http://codetiaguas.blogspot.com/2011/02/bomba-de-tiempo-miren-esta-barbaridad.html

[4]Presidente surcoreano, satisfecho por ley minera de Panamá
http://mensual.prensa.com/mensual/contenido/2011/02/15/uhora/inter_2011021507025118.asp
[5]El acuerdo minero Martinelli-Lee
http://alainet.org/active/44238
Panamá podría cambiar su legislación minera
http://centralamericadata.com/es/resources/printable/917224

|

« 2月18日、22日 コロンビアの先住民族の映画上映他 | トップページ | ペルー:国連は先住民族の権利のために »

パナマ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

鉱山開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/50886964

この記事へのトラックバック一覧です: パナマ:鉱業法を巡る抗議行動:

« 2月18日、22日 コロンビアの先住民族の映画上映他 | トップページ | ペルー:国連は先住民族の権利のために »