« エクアドル:先住民族運動のリーダー逮捕 | トップページ | ペルー:グローバル化の正体 »

2011/02/03

母なる大地と携帯電話

国際青年環境NGO A SEED JAPAN / FLAT SPACE / 国際環境NGO FoE Japan / アムネスティ・インターナショナル日本が現在、「エシカルケータイキャンペーン」を行っています。

普段、多くの人が使っている携帯電話の背後に、先住民族の土地からの排除、環境破壊、児童労働、地域紛争の助長など様々な問題が隠れていることに目を向けていこうというキャンペーンです。http://www.ethical-keitai.net/top

ちょうど、ボリビアの「母なる大地の権利法」を訳していて、人間活動を「母なる大地」と調和的なものにしていく必要性を改めて考えていたところでした。

この法律を作ったから、ボリビア社会が一気に変わるというのではなく、「変わっていくための意志」を明確に示したものだと思います。これから新しい生き方をみんなで築いていこうという。

その中で、国の義務として
2. 母なる大地の生命としての循環やプロセス、均衡の統合性と再生産能力を守りつつ、「善き生き方」のためのボリビア国民の必要性を充足するために、均衡の取れた生産と消費のあり方を開発しすること
また一人一人の務めとして
c)母なる大地の権利の擁護あるいは尊重に向けた提案を生み出すために、個人としてあるいは集団として活発に参加すること
d)母なる大地の権利と調和的な生産活動や消費習慣を取り入れること
e)母なる大地の構成物の持続的な利用を確実に行うこと
http://cade.cocolog-nifty.com/ao/2010/12/post-ad79.html
といったことが定められています。

 法律にならなくても、きっと多くの人が実践していることではあるでしょう。それをもっとみんなで共有して、新しいモデルを築いていくことが求められているように思います。
 そういう中で、資源を膨大に使って生きている私たちが担っている責任がより重いのは明らかです。

 青西

|

« エクアドル:先住民族運動のリーダー逮捕 | トップページ | ペルー:グローバル化の正体 »

ボリビア」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/50765338

この記事へのトラックバック一覧です: 母なる大地と携帯電話:

« エクアドル:先住民族運動のリーダー逮捕 | トップページ | ペルー:グローバル化の正体 »