« パナマ:鉱業法の改定に抵抗する先住民族と警官隊が各地で衝突 | トップページ | グアテマラ:保護区・麻薬・人権侵害 »

2011/02/10

グアテマラ:コバンで自然保護区とコミュニティ住民との紛争

グアテマラの先住民族組織であるCONICの声明文によると、アルタベラパス県のコミュニティで自然保護区とケクチ民族系のコミュニティ住民との紛争が起きているとのことです。

 声明文には明記されていないのですが、ラグーナ・ラチュア国立公園内に位置すると思われるサラクイム(SALACUIM )において2月8日、85人の警察、45人の軍及び森林局の資源保護官が、Félix Cuc Xocに暴行を加えた上に、拘束し、その後現在までのところ消息がつかめないとのことである。
 更に警察と軍はサラクイムのコミュニティに停滞し、コミュニティの人々は恐怖心を抱いて過ごしているとのことである。
 資源保護官のリーダーであるHéctor Arnulfo Ruizはこの1月に、暴行未遂事件を起こし、更に警察と軍は、カルダモモを略奪するという行為を働いたという。

 この地域では、伝統的にこの土地に居住してきた先住民族を、不法占拠と名指し、犯罪者として排除しようという動きが続いているという。政府の農地問題局が問題解決のために取り組んできていたが、自然保護区審議会(CONAP)が先住民族コミュニティを排除しようとしている、と声明文は訴えている。農地問題局は、コミュニティが歴史的に存在してきたことを明らかにする報告書を作成したにもかかわらず、その後に保護区として制定したという。またコミュニティは1965年に政府の土地改革局が発行した証書も有するという。

 この周辺では、昨年4月にも地域の住民リーダーが逮捕される事件があり、また1月には近郊のSaquimó Setañaにおいて、コミュニティ住民の排除の動きがあったことがCUCの声明文で伝えられている。

 詳細はわからないが、この地域では「ラチュア・モデル林」というプロジェクトも動いているようである。またオイル・パーム・プランテーションも周辺部では広がりつつあるということであり、社会紛争が高まっている地域と考えられる。
参考資料

EJERCITO Y POLICIA NACIONAL CIVIL, CON LOS GUARDARECURSOS, SIGUEN
SEMBRANDO EL TERROR EN SALACUIM COBAN ALTA VERAPAZ(CONIC 2011/2/8)
AMENAZAS DE DESALOJO EXTRAJUDICIAL EN CONTRA DE LA COMUNIDAD SAQUIMO SETAÑA, COBAN ALTA VERAPAZ (2011/1/21)
http://www.cuc.org.gt/es/index.php?option=com_content&view=article&id=286:amenazas-de-desalojo-extrajudicial-en-contra-de-la-comunidad-saquimo-setana-coban-alta-verapaz&catid=36:noticias&Itemid=57
Lachuá Model Forest
http://www.imfn.net/index.php?q=node/184

記事作成後次のサイトを見つけたので、確認の後また記事の追記修正を行います。
Termine con el Estado de Asedio en Alta Verapaz, Guatemala
http://theesperanzaproject.org/es/2011/01/termine-con-el-estado-de-asedio-en-alta-verapaz-guatemala/ 

|

« パナマ:鉱業法の改定に抵抗する先住民族と警官隊が各地で衝突 | トップページ | グアテマラ:保護区・麻薬・人権侵害 »

グアテマラ」カテゴリの記事

先住民族」カテゴリの記事

自然保護区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50657/50828750

この記事へのトラックバック一覧です: グアテマラ:コバンで自然保護区とコミュニティ住民との紛争:

« パナマ:鉱業法の改定に抵抗する先住民族と警官隊が各地で衝突 | トップページ | グアテマラ:保護区・麻薬・人権侵害 »